梁州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

梁州(りょうしゅう)は、中国にかつて存在した

九州の梁州[編集]

書経』による古代中国の九州の一つ[1]とされ、現在の四川省陝西省漢中地方に相当する。

魏晋南北朝時代[編集]

漢代に州制が施行された際には梁州は設置されず、代わりに益州が置かれた。263年景元4年)、を滅ぼすと、益州を分割して梁州が設置された[2]。州治は沔陽県に置かれた。

282年泰始3年)、西晋により州治は南鄭県に移された。梁州は漢中郡梓潼郡広漢郡新都郡涪陵郡巴郡巴西郡巴東郡の8郡44県を管轄した[3]成漢が益州と梁州を占拠すると、東晋襄陽県に梁州を僑置された。成漢が滅ぼされると、梁州はもとの地にもどされた。

南朝宋のとき、梁州は漢中郡・魏興郡新興郡新城郡上庸郡晋寿郡・華陽郡・新巴郡北巴西郡北陰平郡南陰平郡・巴渠郡・懐安郡・宋熙郡・白水郡・南上洛郡・北上洛郡・安康郡・南宕渠郡・懐漢郡の20郡を管轄した[4]

南朝斉のとき、梁州は漢中郡・魏興郡・新興郡・南新城郡・上庸郡・晋寿郡・華陽郡・新巴郡・北巴西郡・巴渠郡・懐安郡・宋熙郡・白水郡・南上洛郡・北上洛郡・安康郡・南宕渠郡・懐安郡・北陰平郡・南陰平郡・斉興郡・晋昌郡・東晋寿郡・弘農郡・東昌魏郡・略陽郡・北梓潼郡・広長郡・三泉郡・思安郡・宋昌郡・建寧郡・南泉郡・三巴郡・江陵郡・懐化郡・帰寧郡・東犍為郡・北宕渠郡・宋康郡・南漢郡・南梓潼郡・始寧郡・江陽郡・南部郡・南安郡・建安郡・寿陽郡・南陽郡・宋寧郡・帰化郡・始安郡・平南郡・懐寧郡・新興郡・南平郡・斉兆郡・斉昌郡・新化郡・寧章郡・隣渓郡・京兆郡・義陽郡・帰復郡・安寧郡・東宕渠郡・宋安郡・斉安郡の68郡を管轄した[5]

504年正始元年)、北魏南朝梁から梁州を奪取した。梁州は晋昌郡・褒中郡・安康郡・漢中郡・華陽郡の5郡14県を管轄した[6]535年大同元年)、梁の北梁州刺史蘭欽が漢中を攻め落とし、梁州を奪回した[7]552年廃帝元年)、梁の梁州刺史蕭循(蕭恢の子)が梁州ごと西魏に降った[8]

隋代[編集]

583年開皇3年)、が郡制を廃すると、梁州の属郡は廃止された。605年大業元年)、洋州を併合し、梁州は13県を管轄することとなった。607年(大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、梁州は漢川郡と改称され、下部に8県を管轄した[9]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
梁州 洋州 集州 漢川郡
漢川郡[10] 褒内郡[11] 華陽郡 儻城郡 洋川郡 豊寧郡 洋中郡 平桑郡 南鄭県 城固県
褒城県 西県
興勢県 黄金県
西郷県 難江県
南鄭県
城固県
褒内県
白雲県
華陽県
嶓冢県
沔陽県
興勢県
竜亭県
洋川県
黄金県
豊寧県
懐昌県
難江県

唐代[編集]

618年武徳元年)、により漢川郡は梁州と改められた。742年天宝元年)、梁州は漢中郡と改称された。758年乾元元年)、漢中郡は梁州の称にもどされた。梁州は山南西道に属し、南鄭・褒城・城固・西・金牛三泉の6県を管轄した。784年興元元年)、梁州は興元府に昇格した[12]

脚注[編集]

  1. ^ 『書経』禹貢篇
  2. ^ 三国志』三少帝紀
  3. ^ 晋書』地理志上
  4. ^ 宋書』州郡志三
  5. ^ 南斉書』州郡志下
  6. ^ 魏書』地形志二下
  7. ^ 梁書』武帝紀下
  8. ^ 周書』文帝紀下
  9. ^ 隋書』地理志上
  10. ^ 文帝の父である楊忠と同音の「中」を避諱し「漢中郡」より改称された。
  11. ^ 文帝の父である楊忠と同音の「中」を避諱し「褒中郡」より改称された。
  12. ^ 旧唐書』地理志二