梁漱溟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
梁漱溟
Liang Shuming.jpg
Who's Who in China 5th ed. (1936)
プロフィール
出生: 1893年10月18日
光緒19年9月初9日)
死去: 1988年6月23日
Flag of the People's Republic of China.svg 中華人民共和国北京市
出身地: 清の旗 北京
職業: 政治家
各種表記
繁体字 梁漱溟
簡体字 梁漱溟
拼音 Liáng Shùmíng
和名表記: りょう そうめい
発音転記: リャン シューミン
ラテン字 Liang Shu-ming
Liang Shou-ming
テンプレートを表示

梁 漱溟(りょう そうめい)は近代中国思想家。祖籍は広西省桂林県1911年に順天中学を卒業した。

1917年蔡元培学長に招かれ、北京大学の教授となり、インド哲学を講じた。

その後、1928年に「村治」として提唱した自らの思想的実践を果たすために、郷村建設運動に没頭し、儒教の精神に法った農村社会運動家、教育家として、山東省の郷村建設の指導を行った。また、日本二宮尊徳を敬愛したことでも知られている。

第二次世界大戦中は、1941年に結成された中国民主政団同盟に参加し、国共両陣営の橋渡し役を演じ、民主同盟の結成に参画した。

1946年、政治協商会議後にいったん引退した後、人民政府の成立後、四川省の土地改革に参加した。1951年、中国人民政治協商会議委員に補選され、思想改造の手記を公表した。毛沢東ら共産党中央が、農民の生み出す余剰を搾取し、都市における工業化に投入する、という社会主義過渡期の総路線政策に転換したのに対して、農民こそが中心であるとし、政治協商会議の場で毛沢東に対して自己批判を求めた。このため、1955年以降、思想批判にさらされ、1956年の中国人民政治協商会議第2次全体会議で自己批判を行った。


著書[編集]

  • 『東西文化とその哲学』
  • 『郷村建設理論』

関連書籍[編集]

  • 戴晴『毛沢東と中国知識人』東方書店