梁瀬峰史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

梁瀬峰史(やなせ たかふみ)は、山形県真室川町出身の元陸上競技選手長距離種目)。弁護士

経歴[編集]

中学から陸上を始めた。

2003年駅伝の強豪校である仙台育英学園高等学校に入学、才能を開花し1年生から全国高等学校駅伝競走大会(通称都大路)を駆け、チームは優勝。2年時には、5000mで学年別としては歴代上位である14.12.08秒を記録し、都大路では区間賞を獲得、チームの総合記録樹立と優勝に貢献した。3年時も、5000mにおいてインターハイ日本人トップの4位、10000mでは世代2番目の29.18.66秒を記録するものの、3度目の都大路では3区区間27位と不本意な結果に沈んだ。しかしながら梁瀬が出場した全国高等学校駅伝競走大会は3大会連続優勝を果たした。

2006年中央大学法学部法律学科に進学[1]入学後は、関東インカレで自己新となる29.07.05秒を記録したが、学生3大駅伝での区間順位は2桁に終わった。 2年生となる2007年は、トラック競技では特に目立った活躍は無かったが、ハーフマラソンで好タイムを記録した。駅伝では、出雲で2区区間6位、全日本では1区区間13位だった。箱根駅伝では、レース直前に5区出走予定の大石港与にアクシデントが起き、急遽当日変更で抜擢される。箱根湯本のチェックポイントまでは3番目のタイムで走るものの、前半のオーバーペースが祟ったのか、大きく順位を落とした。 2008年全日本大学駅伝では3区(9.5km)を27分29秒で走り、区間賞を獲得した。

2010年に大学を卒業したのち、中央大学法科大学院へ進学した[1]

司法試験合格[編集]

2013年中央大学法科大学院修了[1]2014年2度目の挑戦で司法試験に合格し第68期司法修習生になった[2]。その後、みらい総合法律事務所に入所。

記録[編集]

自己ベスト
  • 5000m:14分01秒(2008年)
  • 10000m:29分07秒(2006年)
  • ハーフマラソン:1時間03分20秒(2007年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 中央大学法職講座案内2015 - pp.46 - 47に梁瀬と陸上部監督の浦田春生の対談記事が掲載されている(PDFファイル)。
  2. ^ “「駅伝ランナーから市民に寄り添う弁護士へ」”. 朝日新聞、2014年12月18日付朝刊. (2015年3月6日)  閲覧。