梅原伸亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
梅原 伸亮
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府高槻市
生年月日 (1983-09-13) 1983年9月13日(35歳)
身長
体重
182 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 大学生・社会人ドラフト4巡目
初出場 NPB / 2006年9月13日
最終出場 NPB / 2006年9月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 徳島インディゴソックス (2008)

梅原 伸亮(うめはら のぶあき、1983年9月13日 - )は、大阪府高槻市出身の元プロ野球選手投手、右投右打)・コーチ

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

京都・寺戸中学時代の同級生にロッテ今江敏晃がいる。金光大阪高等学校では3年春からベンチ入りで、1年後輩には吉見一起がいる。

京都学園大学では2年春からエースとなり、3年春の京都教育大学戦でノーヒットノーランを記録。4年秋に敢闘賞、ベストナインを獲得。そして、同年秋の大学生・社会人ドラフトで広島に指名された。京都学園大初のプロ野球選手で、併設校である京都商業(現・京都学園高校)出身の沢村栄治を憧れの選手に挙げている。また、かつて同じ背番号14を背負っていた津田恒実のようにストレート勝負が出来る投手になりたい、とも述べている。

広島時代[編集]

2006年、春季キャンプで右肩痛を発症したが、9月13日に1軍初登板を果たした。

2007年、この年は腰痛の影響で1度も1軍で投げることなく2軍でも4試合の登板にとどまり、10月5日に入団2年目にして戦力外通告を受けた。戦力外後は、2回の12球団合同トライアウトに参加した。なお11月30日付で自由契約公示された。元チームメイトで、元香川オリーブガイナーズ所属の天野浩一に連絡し協力を受けて徳島インディゴソックスの入団テストの受験に至った。12月7日徳島インディゴソックスの入団テストを受け合格した。この際、合格時には1年後再びNPBトライアウトを受験すると語っていた。

徳島時代[編集]

2008年8月より、監督代行に就任した森山一人の後を埋める形で選手兼任のコーチに就任[1]、シーズン終了まで務めた。

2009年のシーズンは選手専任に復帰する予定だったが、ケガのため契約を結ばず練習生でのスタートとなった。しかし、ケガが回復しなかったため5月4日限りで徳島を退団した[2]。シーズン終了後、12球団合同トライアウトに参加した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2006 広島 3 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 6 1.1 2 0 1 0 0 0 0 0 1 1 6.75 2.25
通算:1年 3 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 6 1.1 2 0 1 0 0 0 0 0 1 1 6.75 2.25

記録[編集]

NPB

独立リーグでの投手成績[編集]

以下の数値は四国アイランドリーグplusウェブサイト掲載の各シーズン選手成績による[3]








































2008 徳島 4.02 23 2 5 2 2 0 0 78.1 350 71 0 35 55 7 42 35
通算:1年 4.02 23 2 5 2 2 0 0 78.1 350 71 0 35 55 7 42 35

背番号[編集]

  • 14 (2006年 - 2007年)
  • 13 (2008年)

脚注[編集]

  1. ^ 徳島ISの白石監督が辞任、代わって森山コーチが監督代行に就任 - 四国・九州アイランドリーグニュースリリース(2008年7月30日)
  2. ^ 高田博史五人抜きジャンピングスロー2009年5月7日付「悲壮な覚悟の下で」による。
  3. ^ 記録2008年 - 四国アイランドリーグplus

関連項目[編集]