梅山無一軒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
梅山 無一軒 / 西 昌盛
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦5年(1755年
死没 文政11年8月5日1828年9月13日
改名 昌盛、常謹子、無一軒(号)、
別名 助平(幼名)、源六郎(通称)
戒名 無一院伝燈正大先達金剛位
幕府 江戸幕府
主君 相良長寛頼徳頼之
人吉藩
氏族 般若院氏→西氏
父母 父:般若院行盛、母:上原儀兵衛の女
養父:西昌敷
曾弥(西昌敷の女)
於家(早世)、於信(西昌幸室)、
里袈裟(早世)
養女:於基(早世)、養子:昌幸

梅山 無一軒(うめやま むいっけん) / 西 昌盛(にし まさもり)は、江戸時代武士人吉藩士)、修験者

実名は西昌盛であり、当人は梅山姓を一度も名乗っていないが(西氏が梅山姓を名乗っていたのは戦国時代までで、再び名乗り始めるのは孫の昌寿から)、本項では『南藤蔓綿録』並びに『嗣誠独集覧』の編纂者名として定着している方を記事名とする。

生涯[編集]

昌盛(後の無一軒)は、山伏である般若院行盛の次男として生まれた。その後、同じく山伏の家系である西昌敷の婿となり、人吉藩の大御台所役および御家剣術師範方に任じられ(任命された年は不詳)、老齢となるまでの数十年間務めあげる。

安永4年(1775年)、昌盛は上原英清より、心形刀流目録序、並びに同目録を受ける。3年後の安永7年(1778年)には別府四兵衛より塚原卜伝流人物次第相伝免許状を、その翌年の安永8年(1779年)には心形刀流表位免状を受けて、常謹子と号した。また同年、心形刀流抜合目録序も受けている。

文化10年(1813年)に新規の一人扶持格となる。また文化年間に『南藤蔓綿録』14冊分、『嗣誠独集覧』28冊分を著している。文政6年(1823年)、老齢を理由に職を辞すると山伏となり、文政9年(1826年)に吉野山永久寺[要曖昧さ回避]に入山、権大僧都に補され無一軒と号した。

文政11年(1828年)に死去。家督は次女の婿である西昌幸が継いだ。

参考文献[編集]