梅島 (足立区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 足立区 > 梅島 (足立区)
梅島
—  町丁  —
梅島駅
梅島の位置(東京23区内)
梅島
梅島
梅島の位置
座標: 北緯35度46分21.51秒 東経139度47分52.49秒 / 北緯35.7726417度 東経139.7979139度 / 35.7726417; 139.7979139
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Adachi, Tokyo.svg 足立区
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 11,833人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 121-0816[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

梅島(うめじま)は、東京都足立区の地名。現行行政地名は梅島一丁目から三丁目。住居表示実施済み区域である。郵便番号は121-0816[2]

地域[編集]

東京都足立区中部を南北に貫く国道4号の西側、東京都道318号環状七号線東武伊勢崎線に囲まれた三角形の町が梅島である。広義の「梅島」は、公称地名の「梅島一~三丁目」を含む周辺地域全体を指し、かつての東京府南足立郡梅島村に相当する。旧梅島村は現行の梅島一~三丁目の他に、現在の栗原島根一ツ家平野中央本町西新井栄町梅田の全部あるいは一部をその領域としていた。

隣接する地域は、北は島根および栗原、東は中央本町、南は梅田、西は西新井栄町。

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)の公示地価によれば、梅島1-19-9の地点で32万円/m2となっている[4]

地名の由来[編集]

1889年明治22年)の町村合併で梅田村・島根村・小右衛門新田・栗原村を合併した際、中心となる梅田と島根から頭文字をとって梅島村が誕生し、これを基盤として1945年昭和20年)と1947年(昭和22年)の二度の区画整理の実施を経て梅島町が成立したことに由来する。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
梅島一丁目 1,974世帯 3,462人
梅島二丁目 1,782世帯 3,327人
梅島三丁目 2,781世帯 5,044人
6,537世帯 11,833人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]。なお、足立区では学校選択制度を導入しており、区内全域から選択することが可能。ただし、小学校に関しては、2018年(平成30年)度から学区域または学区域に隣接する学校のみの選択になる。[6][7]

丁目 番地 小学校 中学校
梅島一丁目 5番〜23番 足立区立梅島小学校 足立区立第九中学校
1〜4番
24〜30番
足立区立弥生小学校 足立区立第四中学校
その他 足立区立梅島第一小学校 足立区立第十中学校
梅島二丁目 2〜5番
10番以降
1番 足立区立第四中学校
6〜9番 足立区立弥生小学校
梅島三丁目 1番〜3番 足立区梅島小学校 足立区立第九中学校
その他 足立区立梅島第一小学校 足立区立第十中学校

交通[編集]

鉄道[編集]

東武伊勢崎線梅島駅/西新井駅

道路[編集]

施設[編集]

史跡[編集]

  • 小右衛門稲荷神社
  • 富士塚遺物
  • 裾引稲荷伝説
  • 槐戸地地蔵尊
  • 梅島天満宮

歴史[編集]

年表[編集]

  • 1889年5月1日 - 町村合併で梅田村・島根村・小右衛門新田・栗原村が合併し、梅田と島根から一文字ずつとって梅島村が誕生する。
  • 1928年10月1日 - 梅島村が町制を施行し南足立郡梅島町となる。
  • 1932年10月1日 - 足立区成立に伴い、旧梅島町の区域は旧村名を継承して梅田町・島根町・小右衛門町・栗原町となり、行政地名としての梅島は一旦消滅する。
  • 1945年3月10日 - 千住栄町・島根町・千住弥生町・梅田町の一部をもって梅島町が設置される。
  • 1965年1月1日 - 梅島町の一部に住居表示が実施され、梅田七・八丁目の一部となる。
  • 1966年4月1日 - 梅島町の残存地域と千住栄町の全域、小右衛門町・島根町・栗原町・梅田町の一部に住居表示が実施され、梅島一〜三丁目が設置される。

脚注[編集]

  1. ^ a b 足立区の町丁別の世帯と人口”. 足立区 (2017年12月4日). 2017年12月7日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月7日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月7日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 区立小・中学校の通学区域表・通学区域図”. 足立区 (2017年4月15日). 2017年12月7日閲覧。
  6. ^ 学校選択制度について”. 足立区 (2017年6月1日). 2017年12月7日閲覧。
  7. ^ 小学校の「学校選択制度の改正」について”. 足立区 (2017年5月3日). 2017年12月7日閲覧。

関連項目[編集]

  • ビートたけし - 島根出身であり、梅島第一小学校など現在梅島地内に属する施設を利用していた。