梅川東南

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

梅川 東南(うめかわ とうなん、生没年不詳)は、江戸時代京都浮世絵師

来歴[編集]

吉村周南の門人。京都の人。御幸町四条下ル町に住んでいた。雪枝、東南と号した。天保から安政期に錦絵などを描いている。 天保13年(1842年)刊行の仏教書『不思議問答』の挿絵を描いている。

作品[編集]

参考図書[編集]