梅木達郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

梅木達郎(うめき たつろう、1957年2月26日-2005年3月5日[1])は、日本のフランス文学者。

略歴[編集]

山形県出身。東北大学文学部仏文科卒、同大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。東北大学国際文化研究科助教授をつとめたが[2]、47歳で自殺。フランス現代文学・現代思想。

著書[編集]

翻訳[編集]

  • ミシェル・ドゥギー 他『崇高とは何か』法政大学出版局(叢書・ウニベルシタス) 1999
  • ミッシェル・ドゥギー『尽き果てることなきものへ 喪をめぐる省察』松籟社 2000
  • セリーヌの作品 第6巻 ノルマンス またの日の夢物語2 文学作品』国書刊行会 2002
  • ジャック・デリダ『火ここになき灰』松籟社 2003
  • ジャン・ジュネ『シャティーラの四時間』鵜飼哲共訳 インスクリプト 2010
  • ジャン・ジュネ著, アルベール・ディシィ編『公然たる敵』鵜飼哲,根岸徹郎,岑村傑共訳 月曜社 2011

脚注[編集]

  1. ^ 『サルトル 失われた直接性をもとめて』
  2. ^ 『現代日本人名録』2002