梅本哲也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
梅本 哲也
生誕 1953年
居住 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 日本の旗 日本
研究分野 政治学
研究機関 東京大学
静岡県立大学
出身校 東京大学教養学部卒業
プリンストン大学大学院
博士課程修了
主な業績 国際政治の研究
アメリカ政治の研究
主な受賞歴 国際安全保障学会
最優秀出版奨励賞2010年
プロジェクト:人物伝

梅本 哲也(うめもと てつや、1953年 - )は、日本国際政治学者(安全保障論)。学位Ph.D.プリンストン大学1985年)。静岡県立大学国際関係学部教授大学院国際関係学研究科教授。

東京大学教養学部助手、静岡県立大学国際関係学部助教授などを歴任した。

概要[編集]

専門は、核兵器問題を中心とする安全保障論。

東京大学教養学部卒業、同大学院社会学研究科国際関係論専攻修士課程修了、博士課程途中でプリンストン大学大学院に留学し、博士号取得(Ph.D、政治学)。日本国際問題研究所研究員などを経て、現在は静岡県立大学国際関係学部教授。

2010年、第22回国際安全保障学会最優秀出版奨励賞を受賞した。同賞は「佐伯喜一賞」とも通称され、国際安全保障学会より授与された。

賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共編著[編集]

論文[編集]

雑誌論文[編集]

  • 「米国の戦略論議における『戦略的安定』」『新防衛論集』17巻3号(1989年)
  • 「戦略兵器削減交渉と米国の戦力態勢」『外交時報』1261号(1989年)
  • 「米国の大戦略と核戦略」『外交時報』1272号(1990年)
  • 「『拡大抑止』と在欧戦域核」『外交時報』1283号(1991年)
  • 「『冷戦後』米国の核政策」『新防衛論集』20巻1号(1992年)
  • 「冷戦と核兵器」『国際政治』100号(1992年)
  • 「安全保障環境の変容と対米同盟の再定義」『国際問題』401号(1993年)
  • 「『先導』『用心』『拡散防止』『拡散対抗』――米国核政策の諸動向」『国際問題』426号(1995年)
  • 「核兵器全廃論の浮上とその課題」『国際政治』117号(1998年)
  • 「核威嚇による化学・生物兵器の使用抑止――米国の政策と議論」『海外事情』第47巻11号(1999年)
  • 「米本土ミサイル防衛の現状と展望」『国際問題』491号(2001年)
  • 「大量破壊兵器の拡散と不拡散――概観」『新防衛論集』28巻4号(2001年)
  • 「核不拡散体制の現状と展望――『核の取引』は維持されるか」『国際問題』529号(2004年)
  • 「在外米軍の再編――米軍『変革』の文脈で」『国際安全保障』33巻3号(2005年)
  • 「オバマ政権の始動と米国の外交・安全保障政策」『国際安全保障』37巻1号(2009年)

単行本所収論文[編集]

  • 「防衛政策の変化と継続性」渡辺昭夫編『戦後日本の対外政策』(有斐閣, 1985年)
  • 「アメリカ合衆国議会と対日講和」渡辺昭夫・宮里政玄編『サンフランシスコ講和』(東京大学出版会, 1986年)
  • 「米国核戦略の変遷と『戦略的安定性』」佐藤誠三郎編『東西関係の戦略論的分析』(日本国際問題研究所, 1990年)
  • 「『柔軟反応』戦略と在欧戦域核」上野明・鈴木啓介編『ボーダーレス時代の国際関係』(北樹出版, 1991年)
  • 「大戦略と核政策」佐藤誠三郎編『新戦略の模索――冷戦後のアメリカ』(日本国際問題研究所, 1994年)
  • 「本土ミサイル防衛の展開」森本敏編『ミサイル防衛――新しい国際安全保障の構図』(日本国際問題研究所, 2002年)
  • 「大量破壊兵器, RMA, 国際秩序」藤原帰一李鍾元古城佳子石田淳編『国際政治講座(4)国際秩序の変動』(東京大学出版会, 2004年)
  • 「軍備管理に関する米国外交の"変調"」山本吉宣編『アジア太平洋の安全保障とアメリカ』(彩流社, 2005年)
  • 「民主党の外交・安全保障政策――対外政策『革新』への『抵抗』とその限界」久保文明編『米国民主党――2008年政権奪回への課題』(日本国際問題研究所, 2005年)
  • 「民主党穏健派の対外政策」久保文明偏『アメリカ外交の諸潮流――リベラルから保守まで』(日本国際問題研究所, 2007年)
  • 「核抑止と日本の核政策」森本敏監修『岐路に立つ日本の安全――安全保障・危機管理政策の実際と展望』(北星堂書店, 2008年)