梅村魁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

梅村 魁(うめむら はじめ、1918年 - 1995年[1][1])は、日本の建築構造工学者。建築構造の研究および東京大学芝浦工業大学で後進の育成にあたる。日本コンクリート工学会第8代会長を歴任した(1978年-1980年5月)[2]。工学博士。

1988年日本建築学会賞大賞受賞。1979年から1981年まで日本建築学会会長。一般社団法人 日本免震構造協会初代会長[3][4]

略歴[編集]

1941年、東京帝国大学工学部建築学科を卒業した。1943年、東京帝国大学助教授に就任し、太平洋戦争末期には松代大本営の造営に関与した。1963年、東京大学教授に就任し、1977年に同大学工学部長となった[5]。1978年に同大学を退官して名誉教授となり、同年芝浦工業大学教授に就任した。1982年から1988年にかけて同大学理事長を務めた[6]。梅村魁記念賞が設けられている[7]

著書に「未来への工学(4)地震予知・複合材料」[8]「大学講座 建築学 構造編 3巻 構造解析演習」[9]「立体トラスのデザイン 」『新耐震設計法』『建築生産の技術』[2]「震害に教えられて : 耐震構造との日月」[10]「構造実験と構造設計」[11]「鉄筋コンクリート建物の動的耐震設計法」[12][13]「耐震構造への道」[14]「大学課程 建築構造力学」[15][16]ほか多数[17]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 【研究者データ】梅村魁”. 日本の研究.com. 2019年11月25日閲覧。
  2. ^ 公益社団法人 日本コンクリート工学会”. www.jci-net.or.jp. 2019年11月25日閲覧。
  3. ^ 一般社団法人 日本免震構造協会:業界団体 - 事業概要(九州不動産専門学院グループ)”. www.l-mate.net. 2019年11月25日閲覧。
  4. ^ 免震建築のPARADIGM (PDF)
  5. ^ 東京大学工学部 | 沿革・歴代研究科長”. www.t.u-tokyo.ac.jp. 2019年11月25日閲覧。
  6. ^ 理事長挨拶・プロフィール” (日本語). 芝浦工業大学. 2019年11月25日閲覧。
  7. ^ 梅村魁記念賞” (日本語). Shibaura Institute of Technology. 2019年11月25日閲覧。
  8. ^ 「著者:梅村 魁」検索結果”. コロナ社. 2019年11月25日閲覧。
  9. ^ 著者詳細 - 梅村 魁 | 共立出版”. www.kyoritsu-pub.co.jp. 2019年11月25日閲覧。
  10. ^ 震害に教えられて―耐震構造との日月” (日本語). 紀伊國屋書店ウェブストア. 2019年11月25日閲覧。
  11. ^ 『構造実験と構造設計』|感想・レビュー” (日本語). 読書メーター. 2019年11月25日閲覧。
  12. ^ 古書山翡翠 : 鉄筋コンクリート建物の動的耐震設計法 / 梅村 魁” (日本語). 古書山翡翠 : 鉄筋コンクリート建物の動的耐震設計法 / 梅村 魁. 2019年11月25日閲覧。
  13. ^ 魁, 梅村 (1982). 鉄筋コンクリート建物の動的耐震設計法. 東京: 技報堂出版. https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001593647-00 
  14. ^ 株式会社ローソンエンタテインメント. “耐震構造への道” (日本語). HMV&BOOKS online. 2019年11月25日閲覧。
  15. ^ 辻井静二、梅村魁『大学課程建築構造力学』オーム社、1978年(日本語)。ISBN 978-4-274-12704-5。
  16. ^ 書籍一覧|Ohmsha” (日本語). オーム社. 2019年11月25日閲覧。
  17. ^ 梅村 魁 - Webcat Plus”. webcatplus.nii.ac.jp. 2019年11月25日閲覧。


先代:
大友恒夫
日本コンクリート工学協会会長
1978年 - 1980年
次代:
水越達雄