梅林優貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
梅林 優貴
北海道日本ハムファイターズ #65
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県広島市安佐北区[1]
生年月日 (1998-03-14) 1998年3月14日(22歳)
身長
体重
173 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2019年 ドラフト6位
年俸 700万円(2020年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

梅林 優貴(うめばやし ゆうき、1998年3月14日[3][4] - )は広島県広島市安佐北区出身のプロ野球選手捕手)。右投右打[3][4]北海道日本ハムファイターズ所属。

経歴[編集]

広島市立亀山南小学校5年から野球をはじめる[3][4]。高校時代は甲子園出場はなく、3年時の夏の広島地方大会8強が最高成績だった[3][4]。高校卒業後は中国地区大学野球連盟に加盟している広島文化学園大学(当時2部リーグ)に進学する[3][4]。大学時代も注目選手ではなく、4年の春時点でもスカウトが見に来ていないほどであったが、JFE西日本の河野竜生の視察に来ていた加藤竜人スカウトの目に留まる[注 1][3]。4年秋にはサイクル安打の達成だけでなく、首位打者を獲得しリーグMVPに選ばれ、広島文化学園大学を初の1部昇格に導く[3]

2019年度ドラフト会議北海道日本ハムファイターズから6位指名を受け[5]、契約金2000万円、年俸700万円で仮契約を結んだ[6]

選手としての特徴[編集]

二塁送球タイムは1.8秒を誇る強肩[3][4]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 65(2020年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 加藤が河野竜生擁するJFE西日本の試合が行われていた倉敷マスカットスタジアムのサブ球場で空き時間があったついでに視察していたところ目に留まったという[3]

出典[編集]

  1. ^ 池本泰尚; 堅次亮平 (2019年10月18日). “2選手指名 芸南賀茂沸く”. 中国新聞 (中国新聞社). https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=580637&comment_sub_id=0&category_id=112 2020年3月15日閲覧。 
  2. ^ “日本ハム - 2020年度契約更改”. サンケイスポーツ (産経新聞社). (2019年10月18日). https://www.sanspo.com/baseball/professional/data/19/salary/fighters.html 2020年2月1日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i 東尾洋樹 (2020年1月17日). “【20年版球界新士録(3)】日本ハム ドラ6梅林 スカウトの空き時間がつないだ強肩の赤い糸”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/01/17/kiji/20200116s00001173612000c.html 2020年3月15日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f 和田裕司 (2019年11月13日). “日本ハムドラ6の梅林 契約金は自身と妹の奨学金返済に「下の妹の学費も払えるぐらい活躍できれば」”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/11/13/kiji/20191113s00001173096000c.html 2020年3月15日閲覧。 
  5. ^ “日本ハム6位梅林優貴「勇気づけられる選手に」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年10月17日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201910170000937.html 2019年11月24日閲覧。 
  6. ^ 木下大輔 (2019年11月12日). “日本ハム6位梅林が仮契約 無名から成り上がり誓う”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201911120000780.html 2019年11月24日閲覧。 

関連項目[編集]