梅溪家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
梅溪家
家紋
ささりんどう
笹竜胆
本姓 村上源氏久我流
家祖 梅溪季通
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
著名な人物 至心院
池坊保子
凡例 / Category:日本の氏族

梅溪家(うめたにけ)は、村上源氏久我流公家である。家格羽林家江戸時代前期の左近衛中将久我通世の子・季通を祖とする。江戸時代石高は150石[1]。3代通条の女・幸子は、将軍徳川家重の側室となり将軍徳川家治の生母となった至心院明治維新後は、9代通善が子爵に叙せられた。12代通虎貴族院子爵議員を務めた。通虎の三女・保子は華道家の池坊専永の夫人となり衆議院議員当選5回の政治家[2]

墓所は大徳寺塔頭の一つの昌林院。ただし、昌林院は明治時代に廃寺となり黄梅院に統合された[3]。住所は京都市北区紫野大徳寺町17-3で、建勲神社前交差点から船岡東通を大徳寺の方面に入り、4本目の道を曲がると正面に見える。周りは住宅街で、上記の代々の当主の墓がある。



系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
久我通世
 
 
 
梅溪季通1
 
 
 
英通2
 
 
 
通条3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通仲4千種有補白川雅富王幸子
 
 
 
通賢5
 
 
 
通同6
 
 
 
行通7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通修8白川雅寿王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通訓通善9[4]通治
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通治10通魯通弘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通魯11通昌
 
 
 
通虎12[5]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通明13池坊保子通彦

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の梅渓家領は以下の通り。(2村・150石)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公卿類別譜(公家の歴史)梅溪
  2. ^ 梅溪家(羽林家) (日本語)
  3. ^ 大徳寺 諸堂 塔頭 - FC2
  4. ^ 六条有言の次男。
  5. ^ 松平家晃の次男。10代通治の実子である通昌の外孫。


参考文献[編集]