梅田勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
梅田 勝
うめだ まさる
生年月日 (1927-08-14) 1927年8月14日
出生地 日本の旗 京都府京都市
没年月日 (2017-08-02) 2017年8月2日(89歳没)
出身校 高等小学校
前職 島津製作所社員
所属政党 日本共産党

選挙区 旧京都1区
当選回数 3回
在任期間 1972年12月10日 - 1976年12月9日
1979年10月7日 - 1980年5月19日
1983年12月18日 - 1986年6月2日
テンプレートを表示

梅田 勝(うめだ まさる、1927年8月14日 - 2017年8月2日[1][2])は、日本政治家衆議院議員日本共産党公認)を3期つとめた。

来歴[編集]

京都府京都市出身。高等小学校卒業後、島津製作所勤務を経て、1972年の衆議院議員選挙旧京都1区)で初当選。この選挙では定数5人に8人が立候補する激戦となったが、梅田と同じく共産党公認の谷口善太郎も立候補し共に当選(谷口はトップ当選)を果たす。共産党が中選挙区時代、1選挙区から複数の当選者を出したのはこれが初めてであった。

1974年に谷口が死去した後は、藤原ひろ子とともに旧京都1区から立候補を続け、1976年には落選したが、1979年第35回衆議院議員総選挙で返り咲き、藤原とともに複数議席を確保した。その後、1980年には藤原、1983年には梅田、1986年には藤原と、1人のみの当選が続き、3期務めた後の1990年の衆議院議員選挙では藤原もともに敗れ、以後旧京都1区は穀田恵二が後継候補となった。その後、日本共産党の名誉役員などを歴任した。

2017年8月2日、死去。89歳没[1]

出典[編集]

  1. ^ a b 梅田勝氏死去 共産党元衆院議員 - 京都新聞 2017年8月25日
  2. ^ しんぶん赤旗 2017年8月25日付