梅田芳穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
梅田芳穂
生年: (1949-09-16) 1949年9月16日
生地: 日本の旗 千葉県茂原市
没年: (2012-05-04) 2012年5月4日(62歳没)
没地: ポーランドの旗 マゾフシェ県ワルシャワ
活動: 連帯
受賞: ポーランド文化功労章(2004)
カヴァレルスキ十字勲章(2006)

梅田 芳穂(うめだ よしほ、男性、1949年9月16日 - 2012年5月4日)は、日本社会運動家ポーランド民主化に貢献した。

千葉県長生郡鶴枝村 (現:茂原市) に生まれる。実父は僧侶で後に関西学院大学教授となった梅田良忠、実母は角川ノンフィクション賞受賞作家の樋口久代。1963年に東欧学者であった父の遺言により、単身ポーランドに渡り、父の友人宅に寄寓。のち母親がポーランド学者の工藤幸雄と再婚し、ワルシャワに住むようになったので、その後は母親と共に生活。

ワルシャワ大学卒業後、日綿実業ワルシャワ事務所に入社。その後、ポーランド民主化運動に携わり[1]日綿を退職、「連帯」に参加。1981年に国外追放処分でパリに移る。同年ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世に特別謁見を許され、後の教皇のポーランド祖国訪問を導く。

1989年、永住権復活。民主的全国選挙の選挙参謀となり勝利した。1990年有限会社「YOHO」創業。2001年ポーランド文化功労章、2006年ポーランド十字勲章受章[2]

6ヶ国語を話す国際人である。

2012年5月4日にワルシャワの病院で死去[3]。62歳没

脚注[編集]

  1. ^ NHK「ここから自由の風が ポーランド民主化から20年」2009.8.29.放送
  2. ^ „Spotkanie po latach” - uroczystości z okazji 30-lecia KOR w Pałacu Prezydenckim
  3. ^ 訃報:梅田芳穂さん62歳=元ポーランド連帯国際局次長 毎日新聞 2012年5月10日閲覧

外部サイト[編集]