梨のつぶて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
梨のつぶて
著者 丸谷才一
イラスト 装丁:平野甲賀
発行日 1966年10月15日
発行元 晶文社
ジャンル 評論
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 272
コード 1095-3620-3091
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

梨のつぶて』(なしのつぶて)は、丸谷才一が最初に著した評論集。

1966年10月15日、晶文社より刊行された。装丁は平野甲賀。正式のタイトルは「梨のつぶて 丸谷才一文芸評論集」。

内容[編集]

Ⅰ 文明

タイトル 初出 備考
未来の日本語のために 中央公論』1964年3月号 日本語のために』(新潮社、1974年8月)に収録された。
津田左右吉に逆らって 書き下ろし 『丸谷才一批評集 第1巻 日本文学史の試み』(文藝春秋、1996年5月)に収録された。
日本文学のなかの世界文学 展望』1966年1月号
実生活とは何か、実感とは何か 群像』1966年2月号 『丸谷才一批評集 第1巻 日本文学史の試み』(前掲)に収録された。

Ⅱ 日本

タイトル 初出 備考
舟のかよひ路 『文芸読本 源氏物語』(1962年9月)
家隆[要曖昧さ回避]伝説 『風景』1965年10月号
吉野山はいづくぞ 『展望』1965年3月号
鬼貫 ユリイカ』1959年1月号
空想家と小説 文藝』1963年1月号 『丸谷才一批評集 第4巻 近代小説のために』(文藝春秋、1996年4月)に収録された。
菊池寛の亡霊が 『秩序』第9号(1961年7月) 『丸谷才一批評集 第4巻 近代小説のために』(前掲)に収録された。
梶井基次郎についての覚え書 『近代文学鑑賞講座』第18巻(1959年12月) 『丸谷才一批評集 第4巻 近代小説のために』(前掲)に収録された。
小説とユーモア 東京新聞』1960年9月12日、13日、15日

Ⅲ 西欧

タイトル 初出 備考
嵐が丘」とその付近 『世界名作全集』第8巻(1960年10月)
サロメの三つの顔 『フィルハーモニー』1965年1月号
ブラウン神父の周辺 『世界推理名作選』(1962年10月)
若いダイダロスの悩み 『ジョイス研究』(1955年7月)
西の国の伊達男たち 三田文学』1959年4月・5月合併号 『丸谷才一批評集 第4巻 近代小説のために』(前掲)に収録された。
エンターテインメントとは何か 近代文学』1953年3月号 『丸谷才一批評集 第4巻 近代小説のために』(前掲)に収録された。
グレアム・グリーンの文体 『英文法研究』1959年11月号
父のいない家族 英語青年』1958年2月号
  • 「未来の日本語のために」では、『マタイによる福音書』第6章26節から31節までの文語訳(大正6年)と口語訳(昭和29年)を全文引用して論じている。後者について丸谷は、「イエスの口から断じて出るはずがない、平板で力点がなくて、たるみにたるんでいる駄文」「世界の文明国のなかで、新教徒が、これほど馬鹿ばかしい文体で書かれた聖書を読まされている国が、そういくつもあるとはぼくには思えない」[1]と評した。
  • 「津田左右吉に逆らって」は、初め『中央公論』で掲載を断られ、『展望』に持ち込むも反応がなく、『文学』では津田批判の部分の全文削除を条件に掲載を了承される。こういった事情から書き下ろしとなったという[2]
  • 「西の国の伊達男たち」は、「T・S・エリオットの『荒地』は美しい反復によって終る。/Shantih Shantih Shantih/同じ言葉がくりかえされるのは、しかもそれが三度であるのは、もちろんある種の呪術的効果をねらったものだ」[1]という文章で始まる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 原文は「現代仮名遣い」。現在主に読むことのできる書籍では、本文の表記は「歴史的仮名遣」に改められている。
  2. ^ 思考のレッスン文春文庫、75-76頁。

関連項目[編集]