梵輔天

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

梵輔天(ぼんほてん 梵:Brahmapurohītā)は、三界のうち、色界18天の下位から数えて第2番目の天。色界第一禅(初禅)の第2番目の天。

順正理論』は、「於大梵前、行列侍衛、故名梵輔。」(梵天の手前の天には、護衛たちが居並んでいる。そのため梵輔天と言う。)と説明する。

梵天は中央の高処に居住しているが、行幸する時はこれらの天衆が常に必ず前行をなし、その利益を念ずという。 『雑阿毘曇心論』『彰所知論』は、この天での天部の身長が1由旬、寿命が1とする。また『仏説立世阿毘曇論』は、寿命を40小劫とする。

上部の大梵天と下部の梵衆天の間に位置する天。