梶原宏之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
梶原 宏之
個人情報
誕生日 (1966-09-28) 1966年9月28日(51歳)
出身地 日本の旗 山梨県
大学 筑波大学
ラグビーユニオン経歴
選手としての経歴
ポジション フランカー
アマチュアクラブ
クラブ / チーム
日川高校
筑波大学
プロ / シニアクラブ
クラブ / チーム キャップ (ポイント)
東芝
勝沼クラブ
国代表チーム
クラブ / チーム キャップ (ポイント)
 日本 31
最終更新:2015年8月.
セブンズ代表チーム
クラブ / チーム トーナメント
 日本
コーチ歴
クラブ / チーム
桂高校
日川高校

梶原 宏之(かじはら ひろゆき、1966年9月28日 - )は、日本の元ラグビー選手。

プロフィール[編集]

来歴[編集]

日川高校でラグビーを始める。ポジションはLOだった。有賀健監督指導のもと猛練習に明け暮れ、2年連続で花園ベスト4を経験。

その後筑波大に進学。大学の同期には薫田真広がいる。卒業後は東芝に入社。

1989年に日本代表に選出され、日本ラグビー史に残る金星を挙げたスコットランド戦で初キャップを獲得。

1991年、ラグビーワールドカップ1991に出場。日本代表のW杯における初勝利となったジンバブエ戦にも出場し、持ち味のタックルから好機を生み出した。1992年、全国社会人大会準優勝。

1994年に東芝を退社、地元・山梨県の高校教員となる。その間も勝沼クラブで選手として活動し、日本代表に選出されている。

1995年、ラグビーワールドカップ1995に出場。

1996年、対アメリカ代表初勝利、アジア選手権優勝。

1997年、桂高校に赴任。2003年に山梨県大会決勝で母校・日川高校を下し、桂高校を花園初出場に導いた。2005年には2度目の出場を果たしている。

その後高校日本代表やU19日本代表などのコーチを歴任し、2008年に日川高校に赴任。

関連項目[編集]