梶原景茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
梶原景茂
Kajiwara Kagemochi.jpg
『英雄百首』(歌川貞秀画)
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代初期
生誕 仁安2年(1167年
死没 正治2年1月20日1200年2月6日
別名 三郎、三郎兵衛尉
墓所 静岡県静岡市葵区長尾 梶原山公園梶原堂
官位 左兵衛尉
幕府 鎌倉幕府
主君 源頼朝頼家
氏族 桓武平氏良文流、梶原氏
父母 父:梶原景時、母:不詳
兄弟 景季景高景茂、景義、景宗、景則、景連
景俊、景永

梶原 景茂(かじわら かげもち)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将鎌倉幕府御家人

生涯[編集]

梶原景時の三男で、源頼朝に従い源平合戦(治承・寿永の乱)で戦功を挙げる。文治5年(1189年の)奥州合戦でも戦功を挙げ、建久元年(1190年)には左兵衛尉に任じられた。正治元年(1199年)、御家人66名による梶原景時糾弾の連判状によって鎌倉を追われ、相模国の梶原館へと戻る。翌正治2年(1200年)正月、一族郎党を引き連れへと登ろうとするが、途中駿河国にて在地武士団の襲撃を受け、駿河国狐崎で吉川友兼一騎討ちの末、討ち取られた(友兼も戦傷で間もなく死亡)。

梶原景茂の子孫は、子の景永が陸奥国早馬神社に下向し(既に景時の兄梶原景實が開いていた)、室町時代には近畿、さらに阿波国讃岐国へと広がり、一部は尾張国に住み、織田信長の家臣となった。

逸話[編集]

文治2年(1186年)、鎌倉に呼び寄せられていた静御前の館へ、工藤祐経千葉常秀、八田知重、藤原邦通らと訪れ、舞を楽しんだ。しかし酔っ払って静御前を口説き、苦情が出たという逸話が「吾妻鏡」に残っている。

参考文献[編集]

  • 『梶原景時の生涯』
  • 『梶原平三景時』 府川松太郎著
  • 『梶原景時―知られざる鎌倉本体の武士』 梶原等著 新人物往来社、2004年、ISBN 4404031874

関連項目[編集]