梶原涼晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

梶原 涼晴(かじわら りょうせい、1973年10月18日 - )は日本の俳優演出家茨城県出身。

来歴[編集]

  • 特技は、英会話、ステージコンバット、乗馬5級、サッカー、テニス、ヴォーカル。
  • 普通自動車運転免許、大型二輪運転免許を有する。
  • 1996年〜2006年の10年間に亘り広告代理店で営業経験を積んだ後、単身渡米。
  • マーロン・ブランド、ロバート・デ・ニーロらを輩出した演技学校の殿堂「ステラアドラースタジオ」にて2年間にわたり演技を学ぶ。
  • ニューヨーク滞在中オフブロードウェイでのプロデュース舞台公演等、精力的にアーティストとしての活動を続ける。
  • 帰国後は俳優、演出家、プロデューサーとして活動する傍ら、劇団EXILE華組の演技指導責任者、EXPG演技講師等を歴任。
  • 塩屋俊アクターズクリニック(現:アクターズクリニック)での演技講師、インプロヴィゼーション(即興劇)を活用した人材教育プログラムのファシリテーターをはじめ、新人俳優の育成活動を行っている。
  • 2013年、塩屋俊亡き後の「アクターズクリニック」の新運営母体として「合同会社ドリームシーズ」を設立し、アクターズクリニックの運営を継続させている。

■Training

出演作[編集]

映画[編集]

  • Marc Freshman Film 「The Hooligan」Marc Freshman監督/サポート
  • FURANA FILM 「TERCER IMPACTO」Marlene Ramirez Cancio 監督/サポート
  • SIDO FILM 「TWO SAMURAI」Sidney Abbene 監督/主役
  • Christopher Arcella Film 「Giver Taker Heartbreaker」Christopher Arcella 監督/サポート
  • HIV啓発ショートフィルム「ナイトクルージング」塩屋俊プロデュース/メイン

TV[編集]

  • FNNスーパーニュースショートフィルム「テノヒラノナカ」小林恵美監督/サポート
  • 読売テレビ 「苺リリック」 シリーズ 谷内田彰久監督/準主役
  • WOWOW「死刑基準」水谷俊之監督/記者役、他

舞台[編集]

  • 「HOME」(作・演出/The Independent Theater NY)
  • 「Girls be ambitious!」(演出/渋谷TAKE OFF 7)
  • 楽劇「彩虹橋」(作・演出/上海万博・神戸朝日ホール)
  • 「HIKOBAE」(作・演出/Alvin Ailey Theater NY・国連オーディトリアム・天王洲銀河劇場、他)
  • Sukibasome 「Take the Money and Run」(花沢理沙 演出/時夫 役)
  • REACH SIDE-B 「a Man or a Woman」(大杉良 演出/主夫 役)
  • Premier Million Carats 「Mezontore203」(静馬弘毅 演出/大畑 役)
  • Stella Adler Studio 「The Big Funk」(Mike Grenham 演出/Gregory 役)
  • Stella Adler Studio 「Glengarry GlenRoss」(Wes Grantom 演出/James Lingk 役)
  • Kamakaji Lab 「HOME」(梶原涼晴 演出/ノブ 役)
  • Stella Adler Studio 「Light up the Sky」(Giovanna Sardelli 演出/Tyler 役)
  • Kamakaji Lab 「KRAPP/GODOT」(Sam Schacht 演出/クラップ 役・ポッゾ 役)
  • ai-lai「Dead equity swap」(大橋慶三 演出/山木 役)
  • Celebration」(高瀬一樹 演出/リチャード 役)
  • Poo-Poo-Juice 「奇跡の男」(山本浩貴 演出/藤田 役)
  • 「庭園のすべて」(高瀬一樹 演出/リチャード 役)
  • Kamakaji Lab 「KRAPP2024」(梶原涼晴 演出/クラップ 役)
  • REACH 「Nights」(中谷美玲 演出/カジ 役)、他

CM[編集]

  • 総理府、ダンキンドーナツ、サンクス、ロッテ、イオン、ヤマハ(VP)、他