梶原清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

梶原 清(かじわら きよし、1921年11月2日 - 2012年2月9日)は、日本政治家運輸官僚参議院議員(2期)を務めた。兵庫県出身。

民主党衆議院議員梶原康弘は息子。

来歴[編集]

京都帝国大学法学部卒業。1950年、運輸省に入省する。1978年に自動車局長などを歴任。1979年に退官し、1980年第12回参議院議員通常選挙自由民主党から立候補し初当選。1992年に引退。2000年、勲二等旭日重光章受章[1]

2012年2月9日、死去[2]。90歳没。

脚注[編集]

  1. ^ 「2000年秋の叙勲 勲三等以上と在外邦人、外国人、在日外国人の受章者一覧」『読売新聞』2000年11月3日朝刊
  2. ^ 訃報:梶原清氏死去(元自民党参院議員、梶原康弘民主党衆院議員の父) 時事通信 2012年2月9日閲覧
議会
先代:
井上孝
日本の旗 参議院内閣委員長
1991年 - 1992年
次代:
守住有信
先代:
村上正邦
日本の旗 参議院大蔵委員長
1988年 - 1989年
次代:
藤井孝男