梶原英之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
梶原英之
生誕 梶原英之(かじわらひでゆき)
1948年4月生
日本の旗 岐阜県
教育 慶應義塾大学経済学部卒業
職業 経済ジャーナリスト、元毎日新聞記者
代表経歴 『デノミ戦略』(1995年)
『オリンピック返上と満州事変』(2009年)
『鳩山家四代』(2009年
肩書き 経済評論家

梶原 英之(かじわら ひでゆき)は日本のジャーナリスト経済評論家。元毎日新聞記者。

経済記者として大蔵・金融・通商産業・経団連などの第一線を長年取材し、経済・政治に歴史的な視点も交えた研究、分析を行っている。

年表[編集]

  • 1948年(昭和23年)4月 岐阜県生まれ。
  • 1972年(昭和47年)3月、慶應義塾大学経済学部卒業
  • 1974年(昭和49年)4月、毎日新聞社入社、大阪経済部に配属、1974年に東京経済部にかわり通産省、建設、日銀キャップ、経済部編集委員、週刊エコノミスト編集委員、出版企画室長、企画事業部長などを歴任、2008年に定年退職。
  • 香港ポスト定期コラムニスト.総合政策研究会特別研究員。

著作[編集]

単著[編集]

  • デノミ戦略―100円が1円になる日』翔泳社、1995年
  • 『オリンピック返上と満州事変 』海鳴社、2009年
  • 『鳩山家四代―何が受け継がれてきたのか』祥伝社新書、2009年

共著[編集]

  • 『ドキュメント 沈没 三光汽船の栄光と挫折』毎日新聞社、1985年

論文[編集]

関連項目[編集]