半保護されたページ

梶原雄太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

梶原かじわら 雄太ゆうた
ニックネーム かじ
梶原
別名義 カジサック
生年月日 (1980-08-07) 1980年8月7日(41歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府大阪市都島区
血液型 B型
身長 163cm
言語 日本語
方言 近畿方言標準語
最終学歴 太成高等学校電子機械科
出身 NSC大阪校22期
コンビ名 キングコング
相方 西野亮廣
立ち位置
事務所 吉本興業
活動時期 1999年 -
同期 NON STYLE
ダイアン など
他の活動 YouTube
配偶者 園田未来子
親族 長男・長女・次男・次女・三女
テンプレートを表示
カジサック KAJISAC
YouTube
チャンネル
活動期間 2018年10月1日 -
チャンネル登録者数、総再生回数は2021年7月2日時点。
テンプレートを表示

梶原 雄太(かじわら ゆうた、1980年8月7日 - )は、日本のお笑いタレントYouTuber漫才コンビ・キングコングボケ担当。相方は西野亮廣吉本興業所属。

大阪府大阪市都島区出身、太成高等学校電子機械科(現太成学院大学高等学校)卒業。[1]5児の父。三男の末っ子。

また、2018年10月から『カジサック』の芸名でYouTubeチャンネル『カジサックの部屋』を開設する[2][3][4]

由来は、はねトびの本人曰く非常にスベったコントで演じたキャラクター名から[5]

梶原雄太の部屋
YouTube
チャンネル
活動期間 2021年7月1日 -
登録者数 (10.4万人)
総再生回数 (4,541,072回)
チャンネル登録者数、総再生回数は2021年8月21日時点。
テンプレートを表示

プロフィール

  • 2001年『はねるのトびら』のレギュラーに選ばれる。番組内ではボケ役を担当し、相方の西野とともにリーダーシップを取ることが多かった。
  • 2003年2月から5月まで、ストレスによる心身症[6]を発症。仕事を休養した。
  • 2003年3月、一般人女性と入籍、同年4月に挙式。
  • 2004年4月、離婚。
  • 2006年3月下旬、蜂窩織炎血管浮腫(世界的に症例が少なく、梶原が日本人で38人目)で入院。
  • 2006年、SEDAなどの読者モデルだった園田未来子と再婚。
  • 2007年、6年ぶりにM-1グランプリの決勝進出(結果は決勝3位)した際、過度のプレッシャーから円形脱毛症になり、後頭部に脱毛ができたことがあった。
  • 2007年10月、長男誕生。
  • 2009年7月、長女誕生。
  • 2012年9月、次男誕生。
  • 2016年5月、次女誕生。
  • 2018年10月1日にカジサックとしてYouTuberデビュー。
  • 2019年4月5日、YouTuber・カジサックとしては初のテレビの冠番組「カジサックのじゃないと!」が熊本県民テレビで放送開始[7]
  • 2019年7月11日、YouTubeでのチャンネル登録者数100万人突破を達成した[8]
  • 2019年9月14日、YouTubeチャンネル内で妻が第5子を妊娠していることを明かした[9]
  • 2020年2月、三女誕生。
  • 2020年5月16日、YouTubeでのチャンネル登録者数200万人突破を達成した。
  • 2021年4月18日、YouTubeでの総再生回数10億回を突破した。
  • 2021年7月1日、YouTubeで「梶原雄太」としての個人チャンネル「梶原雄太の部屋」を開設。
  • 2021年8月19日、梶原雄太の部屋のチャンネル登録者数10万人を突破した。

人物・エピソード

  • 1980年8月7日、梶原が誕生。梶原が産まれる前、母が妊娠したが、父は「家計的にも辛いから下そう」という考えだった。母は「全部働いて、なんとかするからどうしても産ませてください。」と告げるも父は納得せず、母は「だったら別れよう」と言い、父は納得したため梶原が誕生した。梶原は「オカンがその意志を貫いてくれたから、オレが産まれてんねん。」と言っている。
  • 実は苗字が谷になる予定だったが、梶原が絶対に梶原が良いといった結果、梶原になった。[10]
  • 7つ上の兄と6つ上の兄がいる。
  • 小さい頃は1人の時が多く、また遊ぶ玩具もなかったため自分で物語や独り芝居を作って演じていた。梶原曰く、「そこで表現力を培ったのではないか。」と言っている。
  • 小学1年生の時に、両親が離婚。父親は雄太だけは渡さないという考えだったが。母親の考えでは3人全員育てるという考えだった。そこで、父親が、「本人の気持ちを聞かないと分からない」という提案を出す。父親は雄太に気に入られていると思っていたらしいが、梶原は迷わずオカンと答え、結果的に母親が3人を育てる。
  • 当時大阪府岸和田市に住んでいたが、大阪府大阪市都島区に引っ越す。
  • 転校をした時に、自己紹介の後、お辞儀をして顔を上げると同時に変顔をした。周りは大爆笑になった。その日から他のクラスから「変顔して」などと注目されたが、やっかみもあったという。
  • 小学4年生の時に少年野球に入るも、小学5年生の時にサッカーの顧問の先生に誘われ、サッカーを始める。当時5年生でレギュラーを取り、6年生で大阪代表に選ばれる。この時にJリーグが発足され、夢がJリーガーになるが、小さな引き出しにお笑いしたいという気持ちもあった。
  • 中学に上がるとサッカー部がなかった。大阪市で1位になるほど強いサッカーチームに入るも、中学2年生の時にはお笑いをしたいという気持ちが高まった。
  • 中学3年生の時に、「母親にお笑い芸人になろうと思うねん。」と告げるが、母親は「嫌やな。お尻出すやろ。芸人さんはお尻出すイメージがあるねん。雄太が奇跡的にテレビに出られたとしても、お尻を出すことは嫌やな。」と断られる。しかし「お尻出さん。」と約束すると、母親は「じゃあいいよ。」とあっさり了承を得たものの、芸人の世界は甘くないと話す。そこで梶原は高校を卒業して5年間で結果出すから、結果が出なかったらやめると決意。余談だが、はねるのトびらの深夜時代に放送されていた今日のわんこで尻を出した。後にYouTubeのサブチャンネルで投稿されているカジサックの屋根裏部屋で謝罪している。[11]
  • 西野とコンビを組む前は、NINNIN丸というコンビ名で活動していた。ちなみに西野はグリーングリーンというコンビ名だった。
  • インパルスの堤下敦と仲が良い。
  • 学力が全然無く、カジサックチャンネルのテスト企画では度々低得点を取るため、梶原の子供やチームカジサックから怒られることが多々ある。
  • 妻の未来子(ヨメサック)との出会いは、梶原の親友の店(ふじや)。
  • 昔はよく背伸びをしていたり、嘘をよくついていた。過去にはねるのトびらで共演していた北陽の2人に「カジは、普段はねトびでやってるカジよりも素の優しいカジが良いと思うよ。」と言われるも、当時、梶原は頑なに否定していたが、現在YouTubeでやっているカジサックは2人で喋った時の梶原と言っていて、北陽の2人が言っていることは正しかったと言っている。[12]
  • 当時束縛する夫として批判されていたが、実は話を盛っていて、スタッフからGPSの話題を持ち込まれたときに、「GPSって何?」という感じで、そもそもGPS自体全く知らなかった。小さい束縛はあったものの、してないことも言ってしまい、誰のためにやってたのか、何をやってたのかと言っている。[13][14]
  • 家事を積極的に行っている。夫婦喧嘩もかなり減ったと言っている。そのため時々カジサックチャンネルのコメントで家事サックと弄られたりする。しかし、減ったとはいえ喧嘩をする時もあり、YouTubeのサムネイルの事で喧嘩することが多い。
  • 低姿勢で謙虚。
  • キングコング梶原としてはボケ担当だが、カジサックではツッコミが多い。
  • カジサックとしての顔もある梶原は、カメラマン・作家・そして声の人でもある山口トンボとヤスタケの事をとにかく大切に想っていて、カジサックチャンネルの「【ドッキリ】”ある”ドッキリをしたら、とんでもないことになった」というタイトルで、チームの一員のトンボとヤスタケがチームから抜けるというドッキリ動画で、「2人は本当に戦友で、時に炎上もしたし、トンボもヤスタケも同じ気持ちになったと思うんよ。あの2人は演者だと思っている。俺ら3人そろってカジサック。俺が言いたいのはあの2人は絶対に外したくない。俺らはずっと一緒に走っていきたい。」と2人をとにかく大切に想っている。[15] この動画でトンボは号泣していて、ヤスタケも涙ぐんでいた。また、「【隠し撮り】泥酔したカジサックがとんでもないことを言い出したので晒します」というタイトルで、チームの梶原・トンボ・ヤスタケでお酒を飲んだ所を隠し撮りして、梶原の妻にクイズをする動画で、一番最後のカジサックチャンネルが終わるときについて「お前ら2人(トンボ・ヤスタケ)のどっちかが抜けるときちゃう?しか今俺は思えへんな。」と答えた。トンボはこれに対し、泣きそうといっていた。
  • 昔は「芸人なんか良い所は見せなくていい」という考えだったが、カジサックになれてから変わったと言っている。
  • 過去にはねるのトびらで、負けたら衝撃ネタ発表カミングアウト対決!!という企画で各々で考える中、梶原自身がどうしようもない時に、本当は鈴木は全く嫌いではないのに「ドランクドラゴンの鈴木さんが大嫌いです」と発言して、そこから鈴木との空気が変な感じになり、はねるのトびら終了後も鈴木と梶原は関係性が悪いという感じになってしまったことを、オールナイトニッポン0で話している。しかし、鈴木は山本主催の飲み会で梶原と山本の大喧嘩以降、梶原の事が嫌いになっている。[16]また、鈴木曰く梶原は「つまんねぇ」とよく言っていた。梶原も人を傷つけて笑いを取っていたことを自覚していて、現在ではどれだけ愚かだったかと猛省している。
  • 中学生の時のあだ名がラモスだった。[17]
  • 好きな俳優は田村正和
  • 自分を一言で表すと猿と言っている。
  • 過去に大阪の箕面で猿に追いかけられたことがある。
  • 数年前まで犬「まめ太」を飼っていた。
  • 現在は、よくカジサックや梶原さんと呼ばれているが、子供の頃は「雄(ゆう)」や「梶くん」と呼ばれていた。
  • 自他ともに認めるほど機械(パソコンやスマートフォンなど)を扱うのが苦手で、パソコンなどの機械系を扱えず、機械弱い系YouTuberというニックネームがついている。ちなみに坪田宿の塾長の坪田からも指摘されている。
  • 上沼恵美子・中田カウス・ボタン・コブクロ黒田などをリスペクトしている。
  • 運動神経が抜群に良く、はねるのトびらのコーナーのギリギリスでは数々の結果を出したり、カジサックチャンネルでは跳び箱16段を飛んだり、40歳になった今でも50m走7秒71を記録している。
  • ゴルフが得意でベストスコアは70。
  • フォートナイトでは、よくミスティー・メドウズプレザント・パークに降りる。
  • 桑田佳祐のモノマネが得意。
  • W-inds.と仲が良い。
  • 動画からは全く想像がつかないが、子供たちを叱ると怖い。しかし、叱る分倍以上笑かす。梶原は、「ただ叱るだけじゃ絶対に嫌われてしまうので、その分倍以上笑かす。」と話している。[18]
  • 若い頃は性格が特に尖っていて、カジサックチャンネルに先輩芸人が出た際、当時の梶原の性格などが洗いざらい話されている。
  • 過去にアメトーークに出演した際、西野に30万円のお金を借りていて、わずか2万円しか返済せず28万円の借金をしていたことをネタっぽく話したが、その後批判があったため、西野の映画「えんとつ町のプペル」のチケットを28万円分(186枚)を購入し、視聴者にチケットプレゼントを行った。ちなみに西野も、「一番うれしい」と言っている。[19]
  • ドラムの腕前をテレビ番組や映画『ガキンチョ★ROCK』で披露している。『ブサンボマスター』ではドラム担当。またダンスを得意とし、WEST SIDEではラップを担当した。
  • 難波兄弟」というユニットでCDデビューを果たしたり、『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』(日本テレビ)の企画で彼の母親を題材にしたラップ「おかん」でCDもリリースした。漫才でもラップを題材にしたネタがある。
  • 梶原の母は「おかんのじゃこ入り塩こんぶ」を発売し、ウェブサイトではおかんのおすすめレシピを公開して梶原が子供時代から親しんだ味を紹介している[20]。「おかんのじゃこ入り塩こんぶ」は2010年に『東京ウォーカー』で取り上げられるほどのものであった[20]
  • 母は、幼い頃に離婚し、女手一つで三兄弟を育てた。母のことをおかんと呼んでいて、今まで育ててくれたことなどを感謝した動画もあり、その動画は100万再生を超えている。
またその母が生活保護を受給していた事が、当時お笑いコンビ「次長課長」の河本準一の母親の生活保護が問題となった際に取り上げられ、批判の対象になった[21]。詳細は芸能人親族生活保護受給騒動#キングコング・梶原雄太の親族のケース

失踪からの復帰

2003年に梶原は多量の仕事とストレスにより失踪してしまい、一時消息不明になった。当時、新幹線の車内で新横浜を過ぎてから体が震えが止まらなくなっていて、ゆりかもめに乗ることも怖くなっていた。また、はねるのトびらのショートコントがあった時に、出番直前にトイレに隠れたりしていた。また、丸々3日間記憶が全くなく、現在でも記憶がない。後々聞いた話では兵庫県宝塚市のカラオケボックスにいたという。親には連絡しないといけないと思い、携帯電話の電源をオンにした瞬間に、FUJIWARAの藤本から着信が起き、「戻って来いとは言わん。とにかく休みや。自分で抱えるな。病院へ行きなさい。」と病院へ行くことと休むことを勧められ、病院へ行き、心身症と診断され、症状は対人恐怖症記憶喪失、自虐症だった。失踪してから1か月、梶原は中型免許を取ることと、プロボウラーになることを決意。中型免許を取るために教習所に通い始めたときに、元ババリア三浪と鉢合わせる。しかし、三浪は「お前免許取りたいのか?じゃあ取ったらいいじゃないか。俺は誰にも言わないから好きなことしなさい。俺が付き合ったるから。」と言われ、そこから三浪と週3・週4で会っていた。プロボウラーになろうとした理由は、教習所の先生がボウリング好きで、三浪と先生に褒められたのがきっかけ。当時最高スコアが286という高スコアを叩き出し、10回連続ストライクも叩き出した。失踪から2か月後、母から「西野君が待ってくれてるで。」との電話があった。西野は、テレビに出ていたら梶原は絶対に戻ってこないと言っていた。梶原は「今から謝りに行っても良いですか?」とメールを送り、西野は「いいよ。」と承諾した。しかし、梶原が西野の家に謝罪に行った際、西野は上半身裸、キャップ横被り、ジーンズをはいて、ギターを弾いていて、梶原は新しい拷問が始まるのかと思っていた。梶原が陳謝した際西野はギターを弾き、「ええで。」とあっさり快諾した。[22] しかし、西野はバイクの免許を取ったことと、ボウリングで凄いスコアを取っていることを知っていて、実は三浪は全て話していた。しかし三浪は、梶原が消息不明の中生きていることを知らせていたため、西野はそれを聞いて安心したと言っている。[23]そして、梶原は無事に芸能界復帰を果たした。[注釈 1]

YouTuberカジサックとして活動開始するまで

はねるのトびら終了後、梶原は西野の邪魔をしたくないという思いが強くなってしまい、「なんでこいつ(西野)のために時間費やしてんねやろ」という気持ちがMAXに来た時に、芸人を引退しようと思っていた。自分の仕事が楽しいと思えていなかったため、まず妻に芸人をやめようと伝える。しかし妻から、「私はあなたが決めた道についていくよ。でも1個だけ言わせて。私はもったいないと思うよ。」という言葉が刺さり、芸人をやめることは思い留まりもう少し続けてみようと思い、ここで上沼恵美子の冠番組、快傑えみちゃんねるのレギュラーが決まる。そこで上沼から、「梶原さん、あなたはスターにならないといけないよ。」との言葉で新しい事を探すも、苦しい日が続く。しかし、2017年のRED BULL BOX CART RACE 2017で、人気YouTuberのフィッシャーズと水溜りボンドが出演したイベントに、インパルス板倉と一緒に中継として共演した。この時に梶原は、フィッシャーズや水溜りボンドを見て「ちょっと待てよ。今こんな風になってんの。おもろそう!」という気持ちになり、このイベントを終えて帰宅してから、すぐにフィッシャーズと水溜りボンドの動画を観て、本格的にYouTubeに興味を持った。[注釈 2]実は、梶原はこのイベントで2人でやると聞いたときに板倉ではなかったら、100%断っていた。[24]そこから、1年の研究・準備・会議などを得て、2019年年末にチャンネル登録者数100万人に行かなければ芸人を引退するという大きな目標を掲げ、2018年10月1日に「カジサック」としてYouTube活動を開始した。当初の一番最初の動画はグッドマークが600でバッドマークが3.6万もつき、批判的な意見が多々あったが、2019年7月11日にチャンネル登録者数100万人を突破し、最初の動画のグッドマークは6.9万まで上がった。余談だが、RED BULL BOX CART RACE 2017で、カジサックチャンネルでフィッシャーズとコラボした際、梶原がフィッシャーズを知らない時に、フィッシャーズのメンバーのシルクロードと控室みたいな部屋で約1秒だけ目が合った事があることを話している。シルク曰く、「顔が凄いドヨンとしていた。雨だけじゃああならない。」と言っている。[25]

出演

過去に出演した番組・作品

テレビ番組

映画 

ドラマ 

ラジオ番組

CD

  • キングコング梶原「おかん」(2005年5月18日)
  • 塚地武雅堤下敦・梶原雄太「言いたいことも言えずに」(『はねるのトびら』のコント「ブサンボマスター」のCD化。2005年8月31日)
  • Variety Various×キングコング梶原「Friends」(2005年11月23日、ヒップホップユニットとのコラボレーション。『松紳』エンディングテーマ曲)
  • キングコング梶原「New Horizon 〜戦え!星の戦士たち〜」(映画『劇場版 超星艦隊セイザーX 戦え!星の戦士たち』主題歌。2005年12月7日)※全てシングルCD

PV出演

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 2019年9月2日、9月9日で放送されたしくじり先生で話している。また、カジサックチャンネルの90万人突破記念で西野が出た際にも話している。
  2. ^ もともと毎日キングコングとしてYouTubeで動画投稿されていたが、その時の梶原はYouTubeに全く興味がなかった。

出典

  1. ^ (日本語) 【衝撃】20年ぶりに母校訪問したら大変な事になっていました…, https://www.youtube.com/watch?v=CAr1d-jgH9E 2021年9月12日閲覧。 
  2. ^ 宮澤諒 (2018年10月2日). “芸人引退をかけた挑戦 キンコン梶原、YouTuberデビューに相方・西野「応援しない理由は一つもありません」”. ねとらぼ (ITmedia株式会社). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1810/02/news090.html 2018年11月21日閲覧。 
  3. ^ カジサック(制作・出演) (2018年10月1日). YouTuberカジサック誕生!! - YouTube (YouTube). カジサック KAJISAC.. https://www.youtube.com/watch?v=-sQmxfgOPIA 2018年11月21日閲覧。 
  4. ^ YouTubeデビュー自体はチャンネル「毎日キングコング」(現:毎週キングコング)で既にしていたが、本格的にYouTuberとして活動するのはこれが初めてである。
  5. ^ “梶原雄太「カジサック」名前の由来はあの人気番組「あまりにもすべり過ぎて…」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年9月3日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/09/03/kiji/20190903s00041000111000c.html 2019年9月5日閲覧。 
  6. ^ “キンコン梶原、壮絶な失踪の日々を振り返る「『戻って来い』と言われたら絶対に戻れてなかった」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年9月10日). https://thetv.jp/news/detail/204361/ 2019年11月26日閲覧。 
  7. ^ カジサックのじゃないと!(kkt番組ホームページ)
  8. ^ キンコン梶原 YouTube登録者数100万突破!芸人引退を回避”. スポニチアネックス (2019年7月11日). 2019年7月11日閲覧。
  9. ^ “キンコン梶原の妻が第5子妊娠「本当によろこんでおります」”. サンスポ. (2019年9月14日). https://www.sanspo.com/smp/geino/news/20190914/mrg19091419280003-s.html 2019年11月25日閲覧。 
  10. ^ (日本語) 【ラジオ】カジサックの屋根裏部屋 登録者300万人目指します (2020年12月28日), https://www.youtube.com/watch?v=D4OEPHOYW4Y 2021年6月25日閲覧。 
  11. ^ (日本語) 【ラジオ】カジサックの屋根裏部屋 カジサックの壮絶な幼少期→芸人へ (2020年11月30日), https://www.youtube.com/watch?v=vyx61qMeVyk&list=PLPLgzcfeUqrs_EYbQdKkwB_lENNPQcPNQ&index=6 2021年6月16日閲覧。 
  12. ^ (日本語) 【涙のはねトびトーク】北陽さんと9年ぶりに語った結果、3人で泣いてしまいました, https://www.youtube.com/watch?v=YJCbczJT8YY 2021年8月25日閲覧。 
  13. ^ (日本語) 【酔っ払い】NON STYLE石田とお酒飲みながらトークしたら調子に乗って”あの話”に…, https://www.youtube.com/watch?v=jPLEJMt1WSg 2021年6月16日閲覧。 
  14. ^ (日本語) 【晩酌トーク】色々と正直にお話します, https://www.youtube.com/watch?v=wd_Zsimy1GY 2021年6月16日閲覧。 
  15. ^ (日本語) 【ドッキリ】”ある”ドッキリをしたら、とんでもないことになった, https://www.youtube.com/watch?v=RmyvPavqjNw 2021年7月6日閲覧。 
  16. ^ (日本語) 【後編】ドランクドラゴン鈴木拓/はねるのトびら栄光の影/総合演出から「お前はしゃべんな」/キンコン梶原と深夜のマジ喧嘩, https://www.youtube.com/watch?v=SyTucmndvxg 2021年8月1日閲覧。 
  17. ^ (日本語) 【衝撃の結果】パパのことを一番よく知っているのは誰? 〜パパ王決定戦〜, https://www.youtube.com/watch?v=IBZwV41EMR8 2021年7月26日閲覧。 
  18. ^ (日本語) 【15年ぶり】w-inds.橘慶太さんと語り合いました, https://www.youtube.com/watch?v=GouEXFWj7d4 2021年8月22日閲覧。 
  19. ^ (日本語) 【借金返済】えんとつ町のプペルのチケットを28万円分視聴者さんにプレゼントします, https://www.youtube.com/watch?v=q08sYX2Z7WI 2021年8月29日閲覧。 
  20. ^ a b “キングコング・梶原のおかんが作った“日本一塩辛い”ご飯のお供”. ウォーカープラス (KADOKAWA). (2010年7月21日). https://www.walkerplus.com/article/15895/ 2019年9月14日閲覧。 
  21. ^ キンコン梶原も母が生活保護 昨年3月から140万円”. www.sponichi.co.jp. 2019年11月10日閲覧。
  22. ^ (日本語) 【登録者90万人記念】キングコング西野さんが部屋に来てくれました, https://www.youtube.com/watch?v=svsAhn7PdHU 2021年8月1日閲覧。 
  23. ^ (日本語) 【登録者90万人記念】キングコング西野さんが部屋に来てくれました, https://www.youtube.com/watch?v=svsAhn7PdHU 2021年8月1日閲覧。 
  24. ^ (日本語) 【念願のコラボ】フィッシャーズさんとガッツリトーク, https://www.youtube.com/watch?v=weUjM6xuum8 2021年8月1日閲覧。 
  25. ^ (日本語) 【念願のコラボ】フィッシャーズさんとガッツリトーク, https://www.youtube.com/watch?v=weUjM6xuum8 2021年8月25日閲覧。 
  26. ^ キングコング・梶原雄太、関西のレギュラー2番組を降板”. スポーツ報知 (2020年7月3日). 2020年7月3日閲覧。