梶取信号所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
信号所全景(東松江側より)

梶取信号所(かんどりしんごうじょ)は、和歌山県和歌山市梶取にある、南海電気鉄道(南海)加太線信号場である。

歴史[編集]

信号所構造[編集]

配線上は、4両分程度の有効長を持つ1線スルー構造ではあるが、信号所内は左側通行になっている。よって、加太行きは直線側を通過するが、和歌山市行きは行き違いが無くても分岐側を通る事になり、35km/h制限を受ける。なお、紀ノ川駅から当信号所の先(土入川手前)までの区間は、紀ノ川駅付近の複線部分を除いてコンクリート枕木化がなされ、一部でロングレール化も実施されている。また、同区間は複線化用地が確保されている。

加太線では西ノ庄駅以外の全駅に対向設備が備えられているが、現在でも、朝夕を中心にこの信号所で対向する列車が存在している。

ギャラリー[編集]

周辺[編集]

バス[編集]

  • 和歌山バス
    • 梶取北停留所:76系統(木の本線)、73・77系・273系統(和歌山大学線)

隣の駅[編集]

南海電気鉄道
加太線
紀ノ川駅(NK44) - (梶取信号所) - 東松江駅(NK44-1)

座標: 北緯34度15分8.2秒 東経135度9分12.2秒