梶哲也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
かじ てつや
梶 哲也
プロフィール
本名 能勢山 誠一
(のせやま せいいち)
性別 男性
出生地 日本の旗 日本日本東京府
死没地 日本の旗 日本埼玉県富士見市[1]
生年月日 (1926-05-12) 1926年5月12日
没年月日 (2005-08-22) 2005年8月22日(79歳没)
職業 俳優声優
事務所 テアトル・エコー(最終所属)[2]
公称サイズ([2]時点)
身長 / 体重 164 cm / 56 kg
俳優活動
ジャンル テレビドラマ舞台
声優活動
ジャンル アニメ吹き替え
声優:テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

梶 哲也(かじ てつや、1926年5月12日[3][4] - 2005年8月22日[4])は、日本男性俳優声優。本名・能勢山 誠一のせやま せいいち[3][4][5]

東京府(現・東京都)出身[4]明治大学中退[5]

来歴・人物[編集]

大学在学中に演劇に興味を持つようになり、大学を中退して劇団薔薇座に入団する[5]

俳優の北沢彪に師事し、劇団薔薇座の解散後の1951年テアトル・エコーの創立メンバーの一人として、劇団内での発言力も強かった[5]。舞台では『表裏源内蛙合戦』『日本人のへそ』などに出演。

声優としてはテレビ草創期から活躍[5]。主に中年役や老人役、滑稽な役や屈強な男の役を演じることが多かった。仮面ライダーシリーズでは、多数の怪人役を演じた。

2005年8月22日、転移性脳腫瘍のため埼玉県富士見市の病院で死去。79歳没[1]

後任[編集]

梶の死後、役を引き継いだ人物は以下の通り。

後任 役名 概要作品 後任の初担当作品
龍田直樹 コウモリボス チキチキマシン猛レース チキチキマシン猛レース』3DO

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 日本人のへそ
  • 表裏源内蛙合戦

特撮[編集]

1964年

1968年

1969年

1971年

1972年

1974年

1975年

1976年

1977年

  • 円盤戦争バンキッド(キューガ大佐の声、エーガリン中将の声)
  • 超神ビビューン(再生ガリキの声、再生マツボの声)
  • バトルホーク(ギルガーの声)

1979年

1980年

1981年

  • 仮面ライダースーパー1(ライオンサンダーの声、マッハローラーの声、ドクロボールの声)

テレビアニメ[編集]

1963年

1969年

1970年

1971年

1972年

1976年

1978年

1979年

1982年

1983年

1984年

1985年

  • ルパン三世 PartIII(マッキントッシュ)

劇場アニメ[編集]

1970年

1972年

1978年

1982年

  • 象のいない動物園(園長)

1984年

1985年

1987年

OVA[編集]

1989年

1991年

  • 銀河英雄伝説(オルラウ)

吹き替え[編集]

洋画[編集]

海外ドラマ[編集]

  • 逃亡者 #114(ホセ・アンザ<ギルバート・ローランド>)
  • 将軍 SHŌGUN(セバスチオ神父〈レオン・セリック〉)

海外アニメ[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “梶哲也氏死去/俳優”. 四国新聞. (2005年9月6日). http://www.shikoku-np.co.jp/national/okuyami/article.aspx?id=20050906000204 2021年3月19日閲覧。 
  2. ^ a b 『日本タレント名鑑(2005年版)』VIPタイムズ社、2005年4月1日、92頁。ISBN 978-4-9901242-3-6。
  3. ^ a b 『声優名鑑』、405頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  4. ^ a b c d 仮面ライダー怪人大画報 2016, pp. 185-186, 「仮面ライダー スタッフ・キャスト人名録 2016年版」
  5. ^ a b c d e f 福島民報』1972年4月25日付朝刊、9面。
  6. ^ 海底3万マイル”. メディア芸術データベース. 2016年10月27日閲覧。
  7. ^ さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • ホビージャパンMOOK『宇宙船別冊 仮面ライダー怪人大画報』2007年12月18日発行