梶山雄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

梶山 雄一(かじやま ゆういち、1925年1月2日 - 2004年3月29日)は、日本仏教学者、文学博士、京都大学名誉教授。

来歴・人物[編集]

静岡市出身。旧制静岡高校を経て、京都大学文学部哲学科(仏教学専攻)卒業。久松真一長尾雅人の指導を受ける。1953年から3年間インドビハール州ナーランダ・パーリ研究所に留学、1959年5月に「居庸関」の共同研究で日本学士院賞受賞。

京都大学文学部助教授・教授。同僚に大地原豊、服部正明柳田聖山らがいる。退職後は佛教大学教授、総合研究所を設立し所長。1997年から創価大学国際仏教学高等研究所教授、海外の諸大学での客員教授等や、日本印度学仏教学会常任理事を務めた。

大乗仏典における「」思想〉研究の第一人者で、ダルマキールティを中心とした仏教論理学中観研究、浄土思想研究にも多大な功績がある。門下生には、御牧克己(京都大学名誉教授、日本学士院会員)、赤松明彦(京都大学副学長などを経て名誉教授)、桂紹隆(広島大学名誉教授)、吹田隆道浄土宗僧侶、没後の著作集編纂に携わった)などがいる。

『梶山雄一著作集』(春秋社、全8巻)が没後刊行された。

著書[編集]

単著[編集]

著作集[編集]

  • 『第1巻 仏教思想史論』 吹田隆道編、春秋社、2013年3月
  • 『第2巻 般若の思想』 御牧克己編、2012年6月
  • 『第3巻 神変と仏陀観・宇宙論』 吹田隆道編、2012年12月
  • 『第4巻 中観と空I』 御牧克己編、2008年
  • 『第5巻 中観と空II』 御牧克己編、2010年
  • 『第6巻 浄土の思想』 吹田隆道編、2013年7月
  • 『第7巻 認識論と論理学』 吹田隆道編、2013年11月 
  • 『第8巻 報と輪廻・仏教と現代との接点』 御牧克己編、2011年

共著・編訳著[編集]

論文[編集]