梶文秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
梶 文秋
かじ ふみあき
生年月日 (1948-11-04) 1948年11月4日(71歳)
出生地 日本の旗 日本 石川県鳳至郡輪島町鳳至町(現・輪島市鳳至町)
前職 輪島市議会議員
所属政党 無所属

Flag of Wajima, Ishikawa.svg 初-4代 輪島市長
当選回数 4回
在任期間 2006年3月19日 - 現職

Flag of Former Wajima Ishikawa sliver version.png 第12-13代 旧輪島市長
当選回数 2回
在任期間 1998年4月25日 - 2006年1月31日

当選回数 2回
在任期間 1991年4月30日 - 1998年2月27日
テンプレートを表示

梶 文秋(かじ ふみあき、1948年11月4日 - )は、日本政治家石川県輪島市長。

経歴[編集]

石川県鳳至郡輪島町鳳至町(現・輪島市鳳至町)生まれ。1967年3月、石川県立輪島高等学校卒業。民間会社を経て、1971年4月に輪島市役所に採用される[1]

1991年4月、輪島市議会議員に初当選。1995年、市議に再選。

1998年4月、旧輪島市長に初当選。2002年、再選。

2006年2月1日、旧輪島市と鳳珠郡門前町が合併し、新輪島市が誕生。これに伴って3月19日に行われた市長選に当選。2010年、再選。2014年、無投票により3選。

2018年3月、自民党公明党の推薦を受けて立候補し、元市職員の林平成人を67票差で破り4選(梶:8,389票、林平:8,322票)[2][3]

産廃処理場誘致を巡る動き[編集]

経済効果や市の財政負担軽減を目的に輪島市門前町大釜地区で建設を目指している産業廃棄物処理施設に対し、環境問題の立場から建設に反対する住民団体の請求に基づいて、処理場建設の賛否を問う住民投票2017年2月19日に行われる事になった。この住民投票に際し、処理場建設を推進する立場の梶市長は「投票に行かないのも一つの意思表示」との考えを示し、住民投票不成立を狙って棄権を呼びかける運動を行った自民系最大会派である「拓政会」の動きに賛同する姿勢を示した。結果、住民投票の投票率は42.02%と成立要件である50%を越えなかったため、住民投票は不成立となり、開票は行われなかった[4]

脚注[編集]

公職
先代:
(創設)
Flag of Wajima, Ishikawa.svg 輪島市長
初-4代:2006年 - 現在
次代:
(現職)
先代:
五嶋耕太郎
Flag of Former Wajima Ishikawa sliver version.png 旧輪島市長
第12-13代:1998年 - 2006年
次代:
(廃止)