梶浦善次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

梶浦 善次(かじうら ぜんじ、1905年 - 1993年)は、日本哲学者教育者。専門は教育哲学ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルに関する研究。北海道における学校経営者。

経歴[編集]

エピソード[編集]

  • 1964年にはリオデジャネイロで開催された世界教育会議に日本代表として出席した。
  • 高等学校、短期大学の学務に長きに渡って関与し、学校行政にも貢献した。

受賞歴[編集]

業績[編集]

  • 『戦後におけるフランス教育改革の動向』(教育新潮 1巻6号, 1950年)
  • 『危機における教育哲学 戦後におけるアメリカ教育哲学』(教育新潮 4巻1号, 1953年)
  • 『教育技術の主体化』(教育新潮 5巻2号, 1954年)
  • 『教育の真実を求めて : 常識のもとに』(北海タイムス社, 1980年)
  • 『教育の現実をみつめて : 教育・政治・哲学』(北海タイムス教育懇話室, 1983年)
  • 梶浦善次論集刊行委員会編『梶浦善次論集』(北海道教育社, 1992年1巻・1994年2巻)

出典[編集]

  1. ^ 学校紹介”. 北海道札幌旭丘高等学校. 2016年4月30日閲覧。
  2. ^ 校歌”. 北海道札幌旭丘高等学校. 2016年4月30日閲覧。
先代:
高田幸二
札幌静修短期大学学長
第2代: 1970年 ‐ 1972年
次代:
伊藤秀五郎
先代:
田所哲太郎
北海道女子短期大学学長
第2代: 1975年 - 1987年
次代:
古瀬卓男
先代:
田所哲太郎
北海道女子短期大学名誉学長
第2代: 1987年 - 1993年
次代:
-