梶谷忠二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

梶谷 忠二(かじたに ちゅうじ 1900年明治33年)- 2006年8月30日)は、岡山県岡山市生まれの実業家岡山木村屋創業者、岡山商工会議所最高顧問。梶谷博則は息子。

経歴[編集]

その他、岡山県経営者協会会長(1960年~1968年、1981年~1988年)。岡山商工会議所会頭(1960年~1968年)。さらに、岡山県商工会議所連合会会長、岡山県観光連盟会長、日本赤十字社岡山県副支部長などを歴任。

人物[編集]

木村屋総本店からの暖簾分けの際に、「一生、パン以外の事業はしない」と当時の会長に約束して、自身が死ぬまで約束を守り通した。

福祉に関心があり、社会福祉法人旭川荘理事を40年務めた。また、1990年に1億円を投じて梶谷福祉基金を設立している。