棚尾町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たなおちょう
棚尾町
廃止日 1948年4月5日
廃止理由 新規合併
現在の自治体 碧南市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
碧海郡
総人口 6,973
(1947年10月1日)
棚尾町役場
所在地 愛知県碧海郡棚尾町
 表示 ウィキプロジェクト

棚尾町(たなおちょう)は、かつて愛知県碧海郡にあったである。

現在の碧南市の南東部(源氏神明町、若宮町、弥生町、志貴町、源氏町、汐田町、春日町、栗山町、幸町、善明町、棚尾本町)に該当する(詳しくは碧南市の地名#旧棚尾町を参照)。

沿革[編集]

棚尾の地名は、「平坦で棚のような台地の、尾のような先端」に由来するとされる[1]。棚尾という地名の初出は、「蔭涼軒日録」1487年(長享元年)11月8日の条にある「就当院末寺大浜多那和之興聖寺看坊職事」であり、当時は大浜村の一部であったとみられる[2]

  • 1625年寛永2年)頃 - 碧海郡大浜村より分立し、棚尾村となる。

江戸時代末期、棚尾村は沼津藩領、寺社領などであった。村は南北に細長い形をしており、南(本郷)・中(東浦・中山)・北(西山・東山)の三つの組に分かれていた。1876年(明治9年)に中組のうち東浦を平七村への編入により失うと、北組の西山・東山は飛地となり、1883年(明治16年)に分離して北棚尾村となる。中山から幡豆郡中畑村(現西尾市)への渡しは、百々渡(どうどのわたし)と呼ばれた。初代の棚尾橋は1890年(明治23年)に完成した。[3]

学校[編集]

交通機関[編集]

神社・仏閣[編集]

妙福寺(棚尾の毘沙門さん)
  • 妙福寺(棚尾の毘沙門さん、志貴の毘沙門天)
  • 八柱神社

娯楽[編集]

1897年(明治30年)に八柱神社の裏手に開館。八柱神社近辺には造り酒屋の旦那衆に支えられて花街が形成されており、三栄座の開館によってこの花街も発展した。[6]

人物[編集]

  • 山中信天翁 - 幕末維新期の文人。1822年(文政5年)碧海郡棚尾村東浦(のち碧海郡旭村)生まれ。1885年(明治18年)死去。
  • 服部長七 - 人造石工法を発明した土木技術者。1840年(天保11年)碧海郡棚尾村西山(のち碧海郡新川町)生まれ。
  • 藤井達吉 - 近代工芸を革新した芸術家。1881年(明治14年)碧海郡棚尾村源氏生まれ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 碧南市史料第2輯「碧南の地名研究」、棚尾の歴史を語る会 第46回資料
  2. ^ 棚尾の歴史を語る会 第7回資料
  3. ^ 角川地名大辞典・愛知県
  4. ^ 棚尾村の飛び地であった。後に新川町の一部。現・碧南市東山町・西山町。
  5. ^ 海線の一部区間(碧南 - 吉良吉田)廃止により、2004年廃止。
  6. ^ 磯貝国雄 三栄座 第54回 棚尾の歴史を語る会

関連項目[編集]