棣州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

棣州(ていしゅう)は、中国にかつて存在した隋代から初にかけて、現在の山東省浜州市一帯に設置された。

概要[編集]

586年開皇6年)、隋により棣州が立てられた。棣州は陽信楽陵饒安無棣高城浮陽の6県を管轄した。596年(開皇16年)、鬲津滳河厭次蒲台浮水の5県が置かれて、棣州の管轄県に加えられた。598年(開皇18年)、高城県は塩山県と改められ、浮陽県は清池県と改められた。606年大業2年)、棣州は滄州と改められた。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、滄州は渤海郡と改称された[1]

621年武徳4年)、により隋の渤海郡陽信県の地に棣州が置かれた。棣州は陽信・楽陵・厭次・滳河の4県を管轄した。623年(武徳6年)、棣州は廃止されて滄州に編入された。643年貞観17年)、厭次県に再び棣州が置かれた。棣州は厭次・滳河・陽信の3県を管轄した。742年天宝元年)、棣州は楽安郡と改称された。760年上元元年)、楽安郡は棣州の称にもどされた。棣州は河南道に属し、厭次・滳河・陽信・蒲台・渤海の5県を管轄した[2]

956年顕徳3年)、後周により棣州の渤海・蒲台の2県が分離されて、浜州に転属した[3]

北宋のとき、棣州は河北東路に属し、厭次・商河・陽信の3県を管轄した[4]

のとき、棣州は山東東路に属し、厭次・商河・陽信の3県と清河・帰化・達多・永利・脂角・欽風・西界・帰仁・官口の9鎮を管轄した[5]

のとき、棣州は済南路に属し、厭次・商河・陽信・東無棣の4県を管轄した[6]

明の洪武初年、棣州と厭次県が廃止された。1373年(洪武6年)、再び州が置かれて、楽安州と改められた。1426年宣徳元年)、楽安州は武定州と改称された[7]

脚注[編集]

  1. ^ 隋書』地理志中
  2. ^ 旧唐書』地理志一
  3. ^ 旧五代史』郡県志
  4. ^ 宋史』地理志二
  5. ^ 金史』地理志中
  6. ^ 元史』地理志一
  7. ^ 明史』地理志二