森には真理が落ちている

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森には真理が落ちている』(もりにはしんりがおちている)は川原泉漫画作品。『花とゆめ』1988年1号に掲載されていた。

あらすじ[編集]

主人公・雪村霙は高校三年生の少女。「浮世のワダカマリのない」(作中表現)人物であるため、他の人々と異なり、近所の森の主(純白の)を見ることができる。ある日、霙は森の主に蹴躓いて転倒、自分も亀の姿になってしまう。その様子をクラスメイトの氷室冬騎が目撃し…。

登場人物[編集]

雪村 霙(ゆきむら みぞれ)
「浮世のワダカマリのまったくない」ため、普通の人では姿も見えず、声も聞こえない、森の主であるましろのカメが見える。勉強はできるのだが、うっかり者であるため「2位の金縛り様」と呼ばれている。両親がおらず校長先生から援助を受けている。3−Aに所属。
氷室 冬騎(ひむろ ふゆき)
成績は学年で常に一番である。自分の出生に関し、疑問を抱いている。雪村霙と同じく3−Aに所属。
森の主
ましろのカメの姿で、普通の人には姿も見えず、声も聞こえない。森を統べ、支配し、司る者。
氷室冬騎の母
心優しい性格で、冬騎が連れて帰った亀(霙)も、可愛がっている。
息子である冬騎から避けられている。
病床の男性
冬騎が母親との間に、わだかまりを作ってしまった元凶。
物語終盤、父親に連れて来られた冬騎(と亀の霙)に看取られ、他界。

書誌情報[編集]