森の戦士ボノロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

森の戦士ボノロン』(Bonolon)は、北原星望原作、永山ゴウ作画、原哲夫プロデュースによる絵本シリーズ、及びセブン-イレブンデニーズで配布されているフリーペーパーポラメルに掲載されている絵物語。オレンジ色の巨人ボノロンの活躍を描く。偶数月の15日に全国セブン-イレブンの店舗にて毎号100万部が配布されている。2007年に『ボノロン 〜不思議な森のいいつたえ〜』のタイトルでテレビアニメ化された。

概要[編集]

出版元
コアミックス
発行時期
平成17年6月より偶数月(2月、4月、6月、8月、10月、12月)に発行
発行形式
B5判28ページ 無料配布の絵本
発行部数
各号100万部
配布場所
セブン銀行本店・出張所
セブン-イレブン全店
デニーズ全店
イトーヨーカ堂子ども図書館

世界観[編集]

人間が暮らす地上世界と、巨木の根をネットワークとして繋がれた別世界タスムンの森が物語の舞台である。

登場キャラクター[編集]

ボノロン
主人公であるオレンジ色の巨人。一人称は「オデ」、二人称は「オメ」。泣き虫だが心優しい「タスムン族」の男の子で森の戦士。大樹のそばで涙を流した者の願いを一つ叶える。とは言えボノロン自身が持っている能力は、人間より長命なこと、力持ちなこと、空が飛べることぐらいで、どんな願いでも叶えられるわけではない(例えば、死者を蘇らせたり、寿命を大幅に延ばしたりはできない)。そのため、相棒のゴンと一緒に知恵を絞り、時には他者の力を借りて、願いの奥に隠された本当の気持ちを相手に気付かせるのが、物語の基本パターンとなっている。体は大きいが、タスムン族の1年は人間の10年に相当するため、まだ90歳(人間年齢に換算して9歳)である。
ゴン
ボノロンの親友の犬。第2話『よっぱらいのゴンの巻』から登場。常に包帯を巻いているのは、薄汚いノラ犬であるゴンが、たびたび村人から暴行を受けてきたため。危機に瀕した者を放っておけない性格だが、その行為は周囲に(ボノロン以外)伝わらず報われない目に遭ってきた。『友だちの巻』で瀕死のところをボノロンに助けられて以来、タスムンの森に入る権利と声真似の能力を得てボノロンと共に行動するようになる。
ユリシア
砂漠化の危機に晒されている森の妖精。元々はタスムン族で、ボノロンの幼馴染だったが、不治の病に倒れ、死後妖精へと転生した。転生の際に記憶が失われてしまったため、ボノロンと再会した時には、自分の名前や思い出も忘れてしまっていたが、ボノロンが再び昔の名前を付けてあげ、改めて友達となっている。
オーバ
物語の語り手を務める老婆。アニメ版オリジナル。

書誌情報[編集]

  • 森の戦士ボノロン 涙のきせきの巻 2008年2月発行 ISBN 978-4-902022-57-5
  • 森の戦士ボノロン よっぱらいのゴンの巻 2008年8月発行 ISBN 978-4-902022-59-9
  • 森の戦士ボノロン 雪ホタルの巻 2009年1月発行 ISBN 978-4-902022-61-2
  • 森の戦士ボノロン カミナリ赤ちゃんの巻 2009年04月 ISBN 978-4-902022-69-8
  • 森の戦士ボノロン ベジのゆびきりの巻 2009年07月 ISBN 978-4-902022-70-4
  • 森の戦士ボノロン ママの宝ものの巻 2009年12月 ISBN 978-4-902022-73-5
  • 森の戦士ボノロン 幸せのタネの巻 2010年05月 ISBN 978-4-902022-76-6
  • 森の戦士ボノロン 勇気の石の巻 2011年03月 ISBN 978-4-905246-00-8
  • 森の戦士ボノロン 帰ってきたやさしさの巻 2012年08月 ISBN 978-4-905246-27-5
  • 森の戦士ボノロン 友だちになれるかなの巻 2013年05月 ISBN 978-4-905246-30-5
  • 森の戦士ボノロン いつもいっしょだワンの巻 2014年05月 ISBN 978-4-905246-32-9

テレビアニメ[編集]

2007年11月から2008年5月にかけてキッズステーションで放送された。全26話。

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 北原星望
  • 総監督 - 加藤友誠
  • 監督 - うえだひでひと
  • 脚本 - 梅村真也
  • キャラクター原案 - 永山ゴウ
  • キャラクターデザイン - 川筋豊
  • 音楽 - 海津賢、高橋浩一郎
  • 音響監督 - 松丸利行
  • エグゼクティブプロデューサー - 飛田野和彦、森岡昌弘
  • プロデューサー - 高島健一、加藤博
  • アニメーション制作 - アクタス
  • 制作 - フォーサム
  • 製作 - ノース・スターズ・ピクチャーズキッズステーション

主題歌[編集]

ボノロンと歩こう!
うちやえゆかシングル
A面 ボノロンと歩こう!
B面 ボノロン絵かき歌
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル アニメソング
レーベル コロムビアミュージックエンタテインメント(COCC-16039)
作詞・作曲 北原星望(作詞)
mayu(作曲)
うちやえゆか シングル 年表
まかせて★スプラッシュ☆スター★
(2006年)
ボノロンと歩こう!
(2007年)
きらきらキララ☆彡
(2008年)
テンプレートを表示
オープニングテーマ「ボノロンと歩こう!」
作詞 - 北原星望 / 作曲 - mayu / 編曲 - 加藤みちあき / 歌 - うちやえゆか(コーラス:ヤング・フレッシュ
エンディングテーマ「ボノロン絵かき歌」
作詞 - 北原星望 / 作曲 - 岩切芳郎 / 編曲 - 加藤みちあき / 歌 - うちやえゆか(コーラス:ヤング・フレッシュ)

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
第1話 ボノロン登場 うえだひでひと 川筋豊 2007年
11月5日
第2話 勇気の水 湖川友謙 11月12日
第3話 約束の桜 井口忠一 11月19日
第4話 巨人の靴 川筋豊 11月26日
第5話 命の種 湖川友謙 蕗此此 12月3日
第6話 失くした宝物 高橋しんや 12月10日
第7話 雪夜 川筋豊 12月17日
第8話 12日目の奇跡 古川順康 登坂晋 12月24日
第9話 神様の足あと 川筋豊 2008年
1月7日
第10話 イバラの館 うえだひでひと 井口忠一 1月14日
第11話 時の年輪 佐藤修 1月21日
第12話 本当の強さ 湖川友謙 蕗此此 1月28日
第13話 消える妖精 うえだひでひと 藤岡智 2月4日
第14話 嫌われゴン 華房泰堂 2月11日
第15話 宝石の川 川筋豊 2月18日
第16話 見えない女の子 うえだひでひと 井口忠一 2月25日
第17話 草むらの音楽会 佐野隆史 3月3日
第18話 最後のマジック 佐土原武之 平田卓也 3月10日
第19話 おもちゃの心 うえだひでひと 登坂晋 藤岡智 3月17日
第20話 大きいマルス 大平直樹 3月24日
第21話 ドラゴンの涙 3月31日
第22話 笑いの森 佐土原武之 平田卓也 4月12日
第23話 思い出の老木 佐野隆史 4月19日
第24話 森のクマさん うえだひでひと 川筋豊 4月26日
第25話 心の涙 うえだひでひと 藤岡智 5月3日
第26話 ボノロンと歩こう 川筋豊 5月10日