森三樹二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

森 三樹二(もり みきじ、1903年6月 - 1958年12月1日)は、日本社会党衆議院議員(6期)。弁護士中央大学評議員[1]。中央大学講師[1]。父は徳島県議会副議長を務めた。

略歴[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 衆議院会議録情報 第031回国会 本会議 第5号
  2. ^ 山崎始男、大西正道、山口丈太郎、杉村沖治郎、野原覚島上善五郎、田中織之進、伊藤卯四郎、辻原弘市、中村時雄久保田鶴松、西村力弥、穗積七郎(新城市穂積亮次の父)、淡谷悠蔵伊藤好道山花秀雄中居英太郎西村榮一木下郁、井手以誠
  3. ^ 衆議院会議録情報 第019回国会 懲罰委員会 第1号


議会
先代:
大村清一
日本の旗 衆議院公職選挙法改正に関する調査特別委員長
1953年-1954年
次代:
久保田鶴松