森下國雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

森下 國雄(もりした くにお、1896年6月20日 - 1975年5月7日 )は、日本の政治家。衆議院議員(10期)。

経歴[編集]

栃木県塩谷郡阿久津村(現高根沢町)出身、早稲田大学経済学部卒。1936年の総選挙で立憲民政党から立候補して初当選。外務参与官、外務次官を歴任。終戦後公職追放されるが、追放解除後の1952年に政界復帰。その後、自民党代議士会長や道路調査会長などを勤めた。1972年の総選挙で落選した。1975年死去。

参考文献[編集]


議会
先代:
田村元
日本の旗 衆議院建設委員長
1967年 - 1968年
次代:
加藤常太郎
先代:
堀内一雄
日本の旗 衆議院外務委員長
1961年 - 1962年
次代:
野田武夫