森下泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

森下 泰(もりした たい、1921年12月21日 - 1987年11月14日)は、日本の実業家政治家大阪府大阪市出身。元森下仁丹社長・自由民主党参議院議員(3期)。

経歴[編集]

森下仁丹創業者森下博の孫。旧制甲南高校から京都帝国大学に進学するも、在学中の1943年3月に祖父の死去に伴い森下仁丹社長に就任。同年9月には戦争の激化に伴い大学を繰り上げ卒業し、海軍主計見習尉官に採用されて海軍経理学校に籍を置いた。

戦後復員すると東京帝国大学法学部に再入学し、社長業の傍ら大阪青年会議所の設立に奔走。1954年には日本青年会議所会頭を務めた。森下仁丹の社長としては、口中清涼剤だった「仁丹」から体温計医薬品製菓へと業を拡大。1984年に甥・孝に社長職を譲るものの、業績不振から2年後に社長に復帰している。

政界へは、赤間文三死去に伴う参院補選に自民党公認で立候補した(1973年)のが最初。この時は落選したものの、翌年の参院選では全国区から出馬し、任期3年議員として初当選。2期目からは大阪府選挙区に鞍替えして死去までその座にあった。この間、福田赳夫内閣環境庁政務次官を務め、参議院航空機輸入特別委員会委員長も歴任した。

妻・美恵子は、山科家・山科言綏の長女。リコー社長だった市村清の門下でもあり、同門の間柄であるサントリー二代目社長の佐治敬三(森下死去の際には葬儀委員長だった)[1]ダイキン工業三代目社長の山田稔とは長年の親友として知られた。また剣道を愛好していた縁から1958年より全日本剣道連盟代表ならびに理事を務め、1972年には大阪薬科大学の理事長も兼ねた。

環境庁設置等の1970年代の環境重視政策には批判的だった。特に1979年には「熊本県では申請すれば水俣病患者になって金がもらえる。私も熊本県に住みたい」との放言で批判を浴びた[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]