森丑之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

森 丑之助(もり うしのすけ、1877年1月16日1926年7月4日)は日本人類学者

経歴[編集]

京都・五条室町の商家に生まれる。長崎市長崎商業学校中国語を学んだ後、台湾駐屯の日本軍の通訳として台湾に渡る。その後台湾総督府の嘱託として台湾先住民の研究にあたった。

先住民の生活の調査のために森は台湾全土を移動して先住民の集落を訪れ、人類学・民俗学的に貴重な資料を数多く収集した。「台湾蕃通」、「台湾蕃界調査の第一人者」と謳われた。1915年5月に先住民が起こした大分事件では先住民との交渉にあたった。1926年7月、日本に帰国する途中に乗船していた笠戸丸から飛び降り自殺した。享年50。

主な著作[編集]

  • 台湾蕃族図譜
  • 台湾蕃人写真集
  • 台湾山岳景観解説
  • 阿眉蕃語集