森中千香良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
森中 千香良
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県奈良市
生年月日 (1939-10-20) 1939年10月20日
没年月日 (2008-04-14) 2008年4月14日(68歳没)
身長
体重
175 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 投手
プロ入り 1957年
初出場 1960年6月8日
最終出場 1975年9月19日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
森中 千香良
生誕 (1939-10-20) 1939年10月20日
死没 (2008-04-14) 2008年4月14日(68歳没)
日本の旗 日本奈良県大和郡山市
教育 奈良県立奈良商工高等学校
職業 野球解説者
野球評論家
スポーツリポーター
活動期間 1976年 - 1995年、1998年 - 2008年?
代表経歴 テレビ神奈川野球解説者(1976年 - ?)
ニッポン放送野球解説者・リポーター(1976年 - 1995年)
ニッポン放送野球解説者(1998年 - 2007年)
東京中日スポーツ野球評論家(1998年 - 2008年?)
J SPORTS野球解説者
GAORA野球解説者

森中 千香良(もりなか ちから、1939年10月20日 - 2008年4月14日)は、奈良県奈良市出身のプロ野球選手投手)・野球解説者野球評論家1970年から1974年までの登録名森中 通晴(もりなか みちはる)。

経歴[編集]

奈良県立奈良商工高等学校では1956年、エースとして県予選を勝ち抜き秋季近畿大会に出場。しかし1回戦で寝屋川高に敗れ、選抜出場はならなかった。翌1957年春季近畿大会県予選は準々決勝で郡山高に惜敗。夏も県予選で敗れ、甲子園には届かなかった。

1958年南海ホークスへテスト入団。1960年に一軍に上がり、同年は5勝を記録。翌1961年は先発陣に入り11勝、同年の読売ジャイアンツとの日本シリーズでも3試合に登板、第4戦では先発するが3回に打ち込まれ敗戦投手となる。1963年には、17勝8敗、勝率.680でパシフィック・リーグ最高勝率を記録。1964年阪神タイガースとの日本シリーズでもリリーフで3試合に登板。野村克也皆川睦雄杉浦忠らとともに南海の黄金時代を支えた。

1967年大洋ホエールズに移籍。同年はチーム最多の18勝を記録する。しかし1970年から登板機会が減少、1972年には東映フライヤーズ(1973年は日拓、1974年は日本ハム)に移籍した。同年は金田留広に次ぐチーム2位の11勝、防御率3.45(12位)を記録し、カムバックを果たす。1975年には再び大洋に移るが、ここではあまり活躍の場がなく同年限りで引退。

1976年よりテレビ神奈川(TVK)・ニッポン放送(LF)のプロ野球解説者となる。LFでは主にベンチリポーター[1]や予備カードの解説者[2]を務めた。

1996年から1997年中日ドラゴンズ二軍投手コーチを務めた後、1998年から2007年までは、LF[3][4]およびCSテレビ放送各局(J SPORTSGAORA[5][6]の解説者を務めた。LFでは予備カードやNRN系列地方局向けの裏送り中継[4][7]が中心であり、復帰以降は印刷物に掲載される番組広告やwebページの解説者リストにも名前が載っていなかった[8]KBCラジオ(九州朝日放送)向け裏送りによる福岡ソフトバンクホークス戦中継を担当する事が多く、担当した試合の不敗神話も生まれた[4]。また、東京中日スポーツの野球評論家も務めた[9]

2008年4月14日16時55分、膵癌のため奈良県大和郡山市の病院で死去。68歳没[10]

生涯独身であり、パンチョ伊東らと結成した「独身貴族会」の一員でもあった。


詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1960 南海 30 10 1 0 0 5 5 -- -- .500 477 118.0 107 6 28 3 4 89 1 1 40 31 2.36 1.14
1961 56 25 2 0 0 11 9 -- -- .555 747 188.0 154 15 47 3 2 140 1 0 74 63 3.02 1.07
1962 56 11 0 0 0 10 8 -- -- .556 606 144.2 140 16 41 4 6 94 2 0 73 60 3.72 1.25
1963 47 29 13 3 2 17 8 -- -- .680 866 217.1 191 12 51 5 9 116 2 2 76 63 2.60 1.11
1964 51 21 4 1 1 8 9 -- -- .471 710 168.2 152 21 65 3 4 124 0 0 84 75 3.99 1.29
1965 38 19 3 1 1 6 6 -- -- .500 519 125.2 111 18 42 2 2 94 2 0 68 58 4.14 1.22
1966 34 17 2 1 0 5 10 -- -- .333 494 121.1 112 17 32 3 6 79 0 0 55 49 3.64 1.19
1967 大洋 47 27 14 1 1 18 14 -- -- .563 1052 255.0 231 26 72 14 9 182 0 0 94 84 2.96 1.19
1968 31 21 5 2 0 8 11 -- -- .421 644 153.1 159 19 48 0 5 100 0 0 67 58 3.41 1.35
1969 28 24 3 1 0 9 9 -- -- .500 605 145.2 130 17 46 4 4 102 0 0 59 55 3.39 1.21
1970 6 2 0 0 0 0 0 -- -- ---- 47 11.1 14 2 1 0 0 6 0 0 7 7 5.73 1.32
1971 13 1 0 0 0 1 2 -- -- .333 79 19.1 18 3 6 1 0 13 0 0 11 10 4.74 1.24
1972 東映
日拓
日本ハム
30 28 9 2 0 11 6 -- -- .647 683 164.1 172 17 34 4 6 87 2 0 64 63 3.46 1.25
1973 18 13 2 1 0 4 6 -- -- .400 293 62.2 86 10 28 4 4 30 1 3 43 39 5.57 1.82
1974 15 6 0 0 0 0 4 0 -- .000 121 26.0 37 3 8 0 0 18 0 0 25 24 8.31 1.73
1975 大洋 17 1 0 0 0 1 1 1 -- .500 114 25.2 29 3 11 0 2 18 1 0 18 16 5.54 1.56
通算:16年 517 255 58 13 5 114 108 1 -- .514 8057 1947.0 1843 205 560 50 63 1292 12 6 858 755 3.49 1.23
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 東映(東映フライヤーズ)は、1973年に日拓(日拓ホームフライヤーズ)に、1974年に日本ハム(日本ハムファイターズ)に球団名を変更

タイトル[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 55 (1958年 - 1966年途中、1967年 - 1971年)
  • 11 (1966年途中 - 同年終了)
  • 13 (1972年 - 1974年)
  • 38 (1975年)
  • 85 (1996年 - 1997年)

登録名[編集]

  • 森中 千香良(もりなか ちから、1958年 - 1969年、1975年 - )
  • 森中 通晴(もりなか みちはる、1970年 - 1974年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『12球団全選手カラー百科名鑑2003』P240に掲載された、森中の解説者名鑑より「21年間LFのそれもメインでなくベンチレポート役に徹した苦労人。」の記述あり。
  2. ^ 2009年に発行された松本秀夫(ニッポン放送アナウンサー)の著書『プロ野球 実況できなかったスゴイ話』(ぜんにち出版発行。ISBN 978-4-86136-122-7)より、松本の公式戦初実況が森中の解説による予備カード(1987年8月9日、広島対大洋戦)であったことがつづられている。
  3. ^ 『'98プロ野球12球団全選手百科名鑑』P199に掲載された、森中の解説者名鑑(ニッポン放送の解説者として紹介)より「長年在籍のLFに復帰。」との記述あり。
  4. ^ a b c 参考リンク…KBCラジオで森中とプロ野球中継を担当していたアナウンサーによるブログ記事:
    • 訃報です - 小林徹夫(KBCアナウンサー)の公式ブログ(KBCウェブサイト内)より、2008年4月17日付エントリ
    • 田上和延(KBCアナウンサー)の公式ブログ(KBCウェブサイト内)→より、2008年4月→4月21日付エントリ『森中千香良さん』を参照。
  5. ^ 参考:GAORA公式サイト内で配信されたプロ野球中継放送予定表
    • 2003年6月当時(インターネット・アーカイブ2003年6月8日付保存キャッシュ)より、同8日の日本ハム対ダイエーデーゲームの解説を担当する予定だったことが確認できる。
    • 2003年8月当時(インターネット・アーカイブ2003年8月1日付保存キャッシュ)より、同12日の日本ハム対オリックスナイトゲームの解説を担当する予定だったことが確認できる。
  6. ^ 『プロ野球12球団全選手百科名鑑』(2000年より『12球団全選手カラー百科名鑑』)シリーズの解説者名鑑では、未掲載の場合もあり(参考:2000年・2002年)。2003年版から最後の掲載となった2007年版までは、CS系の解説者としてプロフィールが掲載。2003年版は出演先について「Jスカイスポーツ」、2004年版は「JスカイS」との表記で紹介(※Jスカイスポーツ=J SKY SPORTSは、J SPORTSの旧称)。2005年版以降は他の解説者とともにCS系というくくりで紹介。2003年版P240に掲載された森中の解説者名鑑では「コーチ後はCS系」との記述があるが誤り。
  7. ^ 参考:『東海ラジオ ガッツナイター』番組公式サイト内中継日程ページ
    • 2002年当時(インターネット・アーカイブ2002年10月22日付保存キャッシュ) ※5月12日の横浜対中日デーゲーム(実況は松元真一郎。リンク先は「森元真一郎」と誤記)、7月17日ヤクルト対中日ナイトゲーム(実況は師岡正雄)、9月4日横浜対中日ナイトゲーム(「森中千薫良」と誤記。実況は洗川雄司)。
    • 2003年当時(インターネット・アーカイブ2003年10月6日付保存キャッシュ) ※6月26日のヤクルト対中日ナイトゲーム、8月8日・9月19日横浜対中日ナイトゲーム(いずれも、実況は福永一茂)。
    • 2004年当時(インターネット・アーカイブ2004年10月9日付保存キャッシュ) ※8月13日ヤクルト対中日ナイトゲーム(実況は石黒新平)。
  8. ^ 参考リンク:
  9. ^ 外部リンク(ライツのプロフィール)を参照。
  10. ^ 森中千香良氏死去 - 『日刊スポーツ』2008年4月15日付 同日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]