森井昌克

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森井 昌克(もりい まさかつ、1958年10月20日 - )は、日本計算機科学者神戸大学教授。情報セキュリティ大学院大学客員教授。工学博士符号理論暗号理論ネットワークセキュリティの研究、教育、技術開発に従事。

大阪府出身。2008年10月、無線LAN国際標準暗号規格であるWEPの解読法を発表[1]。1997年から2005年まで世界最大、そして2012年11月現在、世界第4位のカレン素数の発見者である[2]

主な経歴[編集]

  • 1983年 佐賀大学理工学部電気工学科卒業
  • 1985年 同大学院理工学研究科電子工学専攻博士前期課程修了
  • 1989年 大阪大学大学院工学研究科通信工学専攻博士後期課程修了、工学博士(大阪大学)、博士論文の題は 「Efficient algorithms over finite fields and their applications to coding theory and cryptography(有限体演算の高能率化とその符号・暗号理論への応用に関する研究) 」。
  • 同年、京都工芸繊維大学工芸学部電気電子情報工学科助手
  • 1990年 愛媛大学工学部情報工学科講師
  • 1992年 同大学助教授
  • 1995年 徳島大学工学部知能情報工学科教授
  • 2005年 神戸大学工学部電気電子工学科教授
  • 2007年 神戸大学大学院工学研究科教授

著書[編集]

  • 『最新インターネットプロトコル·ハンドブック』朝日新聞社 2001年(共著)
  • 『符号理論とその応用』培風館 2003年(共著)
  • 『食の安全性』東京教育情報センター 2004年(共著)
  • 『数学センスで万事解決』ハッカージャパン 2009年〜現在に至る(連載)

脚注[編集]

[ヘルプ]