森優作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
もり ゆうさく
森 優作
生年月日 (1989-12-04) 1989年12月4日(29歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府
身長 169cm [1]
血液型 A型[1]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 2013年[1] -
事務所 鈍牛倶楽部
公式サイト 森優作|鈍牛倶楽部 -- DONGYU OFFICIAL SITE
主な作品
映画
野火

森 優作(もり ゆうさく、1989年12月4日[1][2] - )は、日本俳優大阪府出身[1][2]

人物・来歴[編集]

俳優になる前は通訳を目指していて、17歳から20歳までイギリスに留学していた[3]

2013年に古厩智之監督のワークショップに参加し、映画『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』で俳優デビュー[4]

2015年、フィリピンレイテ島を舞台に第2次世界大戦末期の日本兵たちの死闘を描いた塚本晋也監督の映画『野火』で過酷な体験をする若い兵士・永松役をオーディションで射止めたのをきっかけに、俳優として本格始動する[5]。この作品で高崎映画祭にて最優秀新人男優賞を受賞する[6]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

「アイスの実 『プチリセット篇』」

[食べログ]食べログる彼女(後輩)篇

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 森優作のプロフィール”. ORICON NEWS. オリコン. 2017年6月11日閲覧。
  2. ^ a b c 森優作 のプロフィール”. allcinema. スティングレイ. 2017年6月11日閲覧。
  3. ^ 塚本晋也監督『野火』出演 森優作さんインタビュー”. CREATORS COMMUNITY. 2019年9月30日閲覧。
  4. ^ 「塚本監督は目が凄かった」本格デビューの森優作、『野火』出演を語る@第10回大阪アジアン映画祭”. cineref. 2019年9月30日閲覧。
  5. ^ 塚本晋也監督『野火』新人俳優・森優作 戦争を疑似体験して意識が変わった”. シネマトゥデイ (2015年3月24日). 2019年9月30日閲覧。
  6. ^ 塚本晋也監督「野火」戦後73年アンコール上映決定 メイキング&ライブ映像もお披露目”. 映画.com (2018年7月5日). 2019年2月11日閲覧。
  7. ^ 塚本晋也監督『野火』出演 森優作さんインタビュー”. CREATORS COMMUNITY. 2018年9月30日閲覧。
  8. ^ TV べっぴんさん スペシャルドラマ/恋する百貨店”. allcinema. スティングレイ. 2017年6月11日閲覧。
  9. ^ 「べっぴんさん」スピンオフ 5月6日(土)放送決定!”. NHK大阪放送局ブログ. NHK (2017年3月2日). 2017年6月11日閲覧。
  10. ^ 【明日4月20日の「半分、青い。」】第17話 「べっぴんさん」森優作が登場 鈴愛と運命の出会い?”. スポニチ Sponichi Annex. スポーツニッポン (018-04-19). 2018年4月20日閲覧。
  11. ^ アシガール あらすじ(第4話 10月14日放送)”. インターネットTVガイド. 東京ニュース通信社 (2017年10月11日). 2017年10月14日閲覧。
  12. ^ 塚本晋也監督『野火』新人俳優・森優作 戦争を疑似体験して意識が変わった”. シネマトゥデイ. CINEMATODAY Inc. (2015年3月24日). 2017年6月11日閲覧。
  13. ^ 吉村界人×浅香航大×岸井ゆきの「太陽を掴め」公開日決定、メインビジュアル解禁”. 映画ナタリー. ナタリー (2016年9月30日). 2017年6月11日閲覧。
  14. ^ 全労済創立60周年 新TVCM『未来を明るく』篇 2017年9月29日(金)から全国で放映開始 (PDF)”. 全労済 (2017年9月28日). 2018年4月3日閲覧。