森原康平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
森原 康平
東北楽天ゴールデンイーグルス #13
K morihara20170907.jpg
東京ドームにて(2017年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県福山市神辺町[1]
生年月日 (1991-12-26) 1991年12月26日(28歳)
身長
体重
185 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト5位
初出場 2017年3月31日
年俸 3,500万円(2021年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

森原 康平(もりはら こうへい、1991年12月26日 - )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する広島県福山市神辺町出身[1]プロ野球選手投手)。右投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

野球好きの祖父の影響で軟式野球を始める[1][3]。広島県内の実家から広島市民球場まで遠く離れていたにもかかわらず、当時同球場を本拠地に使用していた広島東洋カープのファンだった[4]で、小学6年時に中条少年野球クラブ、中学校への在籍中は軟式のクラブチーム「神辺レッズ」で捕手としてプレー。中学2年時に、「神辺レッズ」の監督だった三原新二郎の勧めで投手に転向した[5]

三原が山陽高校の監督へ就任したことに伴って、中学校からの卒業後に同校へ進学。3年夏の選手権広島大会で準決勝にまで進んだ[5]ものの、春夏共に阪神甲子園球場での全国大会へ出場できなかった。硬式野球部での2学年後輩に、中川皓太がいる。

近畿大学工学部への進学後は、4年時の秋に広島六大学野球リーグの優勝と明治神宮大会での準々決勝進出を経験した。卒業後に新日鐵住金広畑へ入社すると、急成長を遂げた2年目から2年連続で日本選手権に出場[6]第87回都市対抗野球大会では、近畿地区の最終予選における投球で、NPBの複数球団から注目されるようになった。チームはこの試合に敗れたものの、森原は日本新薬の補強選手として本大会に出場。本大会では、1試合(1イニング)のみの登板ながら、ストレートで151km/h(当時の自己最速)を記録した[7]

2016年のNPBドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスから5巡目で指名[6]。契約金4,000万円、年俸1,000万円(金額は推定)という条件で入団した[5][8]。入団当初の背番号は52

楽天時代[編集]

2017年には、同期入団の高梨雄平菅原秀と共に開幕一軍入りを果たした。3月31日には、オリックス・バファローズとの開幕戦(京セラドーム大阪)7回裏に、3番手投手として公式戦にデビュー。この試合から、4月19日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武プリンスドーム)12回裏にサヨナラ負けでプロ初黒星を喫するまで、10登板試合連続無失点を記録した。その後の公式戦でも、主にリードの局面で7回を任されるなど、チームの前半戦首位独走に貢献。6月9日の対広島東洋カープ戦(Koboパーク宮城)まで29試合に登板したが、登板を重ねたことによる疲労の影響で5月下旬から救援の失敗が相次いだため、翌6月10日にプロ入り後初めて出場選手登録を抹消された。8月2日の対西武戦(プリンスドーム)で一軍に復帰すると、ストレートで152km/h(当時の自己最速記録)を計測している[9]。チームのレギュラーシーズン3位で迎えたクライマックスシリーズ(CS)では登板の機会がなかったが、一軍公式戦全体では、42試合の登板で2勝4敗13ホールドをマーク。復帰後の登板は13試合のみで、5月中旬まで1点台の後半だった防御率が、レギュラーシーズンの終了時点で4.81に達した。シーズン終了後には、推定年俸1,600万円(前年から600万円増)という条件で契約を更改した[10]ほか、新日鐵住金広畑時代から交際していた女性と結婚した[11]

2018年には、オープン戦期間中の3月7日に、右肘後方鏡視下のクリーニング手術を受けた。実戦への復帰まで4ヶ月を要することが見込まれていた[12]が、実際には8月12日から一軍へ復帰[13]。9月19日の対オリックス戦(楽天生命パーク宮城)で、一軍公式戦におけるシーズン初勝利を挙げた[14]。シーズン中盤までクローザーを務めていた松井裕樹が先発に回ったことや、松井に代わってクローザーへ起用されたフランク・ハーマンが故障したことから、同月下旬にはクローザーに抜擢。抜擢後に2試合連続で黒星を喫した[15][16]ものの、復帰後に登板の17試合中16試合でストレートが150km/h台を計測したり、フォークボールの精度が上がったりするなどの進境も見られた[17]

2019年には、オープン戦期間中の3月上旬に京セラドームで催されたメキシコ代表との強化試合で、プロ入り後初めて野球日本代表のトップチームへの選出および試合出場を果たした[18]。レギュラーシーズンの前半戦ではビハインドや大差の場面での起用が中心だったが、後半戦には新加入のアラン・ブセニッツと共にセットアッパーへ定着。主に8回に登板していた。レギュラーシーズン全体では、二軍への降格を一切経験せず、一軍公式戦64試合に登板。ストレートや変化球の精度が向上したことで奪三振数が増えるとともに、チームトップ(パシフィック・リーグ4位)の33ホールドポイント、防御率1.97を記録するなど、チームの2年振りCS進出に大きく貢献した。第2回WSBCプレミア12の日本代表にも選ばれていた[19]が、右肘の違和感を訴えたため、大会の前に出場を辞退した。プレミア12終了後の11月27日には、背番号を13に変更することが球団から発表[20]。12月6日には、推定年俸4,500万円(前年から3,000万円増)という条件で契約を更改した[21]

2020年には、前年まで5シーズンにわたってクローザーを務めてきた松井裕樹の先発再転向に加えて、J.T.シャギワ牧田和久などの入団で中継ぎ陣の厚みが増したチーム事情を背景に、セットアッパーからクローザーへ転向[22]。6月24日の対北海道日本ハムファイターズ戦で、一軍公式戦初セーブを挙げた[23]。シーズン初登板から9試合続けて1イニングずつ無失点で凌いでいたが、7月下旬に登板した4試合(通算3イニング)で12失点と2敗を喫するほど精彩を欠いたため、同月29日[24]から二軍で再調整。8月15日から一軍に復帰した[25]ものの、27日の対ロッテ戦(いずれも楽天生命パーク宮城)の試合前練習で右太腿の裏を痛めたため、同日中に出場選手登録を再び抹消された[26]

選手としての特徴[編集]

スリークォーターから最速154km/hのストレートとスライダー・フォークを投げる[27][28]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 楽天 42 0 0 0 0 2 4 0 13 .333 171 39.1 42 3 13 0 0 21 0 0 22 21 4.81 1.40
2018 17 0 0 0 0 1 2 0 1 .333 73 17.0 18 1 3 1 0 19 1 0 11 11 5.82 1.24
2019 64 0 0 0 0 4 2 0 29 .667 255 64.0 47 3 18 1 1 65 0 0 15 14 1.97 1.02
2020 17 0 0 0 0 1 2 4 2 .333 81 16.2 23 4 7 2 1 14 1 0 14 14 7.56 1.80
通算:4年 140 0 0 0 0 8 10 4 45 .444 580 137.0 130 11 41 4 2 119 2 0 62 60 3.94 1.25
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2017 楽天 42 2 6 0 0 1.000
2018 17 0 4 0 0 1.000
2019 64 4 10 1 0 .933
2020 17 1 3 0 0 1.000
通算 140 7 23 1 0 .968
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 52 (2017年 - 2019年)
  • 13 (2020年 - )

登場曲[編集]

[29]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c “広島)25歳、社会人野球からプロへ 森原康平選手”. 朝日新聞デジタル. (2017年2月16日). オリジナルの2017年5月1日時点におけるアーカイブ。. http://archive.fo/llBv0 2017年5月1日閲覧。 
  2. ^ 楽天 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2020年12月8日閲覧。
  3. ^ “楽天森原8球プロ1勝、勝利球は「おじいちゃんに」”. 日刊スポーツ. (2017年5月1日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1816095.html 2017年5月1日閲覧。 
  4. ^ 週刊ベースボール 2017年6月5日号 p.58
  5. ^ a b c “【楽天】ドラ5位、新日鉄住金広畑・森原に愛敬スカウト「広島・今村になれ!」”. スポーツ報知. (2016年11月14日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20161113-OHT1T50223.html 2017年2月18日閲覧。 
  6. ^ a b <ドラフト>楽天5位森原 救援の即戦力”. 河北新報 (2016年10月26日). 2017年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月18日閲覧。
  7. ^ “阪神の“隠し玉”今年は森原康平!新日鉄住金広畑の最速151キロ右腕”. デイリースポーツ. (2016年10月20日). https://www.daily.co.jp/tigers/2016/10/20/0009595251.shtml?pg=2 2017年2月18日閲覧。 
  8. ^ 2017年度新入団選手発表会見”. 東北楽天ゴールデンイーグルスオフィシャルサイト (2016年11月22日). 2017年2月18日閲覧。
  9. ^ 【楽天】森原、2か月ぶり登板で0封”. スポーツ報知 (2017年8月1日). 2017年8月1日閲覧。
  10. ^ 楽天森原600万増「来年は50試合以上投げたい」”. 日刊スポーツ (2017年11月24日). 2017年12月13日閲覧。
  11. ^ 楽天2年目右腕・森原が24歳一般女性と入籍「献身的に見守ってくれました」”. FullCount (2018年1月31日). 2018年3月8日閲覧。
  12. ^ 楽天森原が右肘手術、復帰まで4カ月…前半戦は絶望”. 日刊スポーツ (2018年3月7日). 2018年3月8日閲覧。
  13. ^ 森原、完全復活へ「パフォーマンスは去年よりむしろいい」/東北スポーツ サンケイスポーツ 2018年8月14日配信
  14. ^ 【楽天】森原、好救援で右肘手術乗り越え1年1か月ぶり白星 スポーツ報知 2018年9月19日配信
  15. ^ <楽天>まさかの逆転負け 9回、森原が満塁弾浴びる「要所で直球甘かった」 河北新報 2018年9月26日配信
  16. ^ 楽天、抑えの森原つかまる「九回を投げる難しさを感じた」 サンケイスポーツ 2018年9月28日配信
  17. ^ 狙った“獲物”は逃さない。楽天・森原康平は虎視眈々とクローザーを狙うYahoo!ニュース 2019年2月10日配信
  18. ^ 日本快勝、吉田正尚が満弾含む5打点/強化試合詳細日刊スポーツ 2019年3月10日配信
  19. ^ 松井選手、森原選手 野球日本代表試合・出場辞退について東北楽天ゴールデンイーグルス 2019年10月21日配信
  20. ^ 背番号変更に関して東北楽天ゴールデンイーグルス 2019年11月27日配信
  21. ^ 楽天森原3000万増、ひじ違和感で辞退の侍V刺激日刊スポーツ 2019年12月6日配信
  22. ^ 【楽天】森原康平が新守護神「胴上げ投手になるのがいいゴール」”. スポーツ報知 (2020年6月18日). 2020年6月24日閲覧。
  23. ^ 楽天新守護神の森原、主軸3人斬りでプロ初セーブ”. 日刊スポーツ (2020年6月24日). 2020年6月24日閲覧。
  24. ^ 楽天・森原の登録抹消、ベテラン久保が一軍昇格「明るく元気に頑張ります」”. スポーツニッポン (2020年7月29日). 2020年8月1日閲覧。
  25. ^ 楽天森原が一軍再昇格「力のある投手」三木監督期待”. スポーツニッポン (2020年8月15日). 2020年8月27日閲覧。
  26. ^ 楽天・森原が練習中に右太腿裏を痛めて出場選手登録を抹消”. スポーツニッポン (2020年8月27日). 2020年8月28日閲覧。
  27. ^ http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=015-20190610-05
  28. ^ https://www.kahoku.co.jp/sports/eagles/20190702_01.html
  29. ^ 選手登場曲|東北楽天ゴールデンイーグルス” (日本語). 楽天イーグルス オフィシャルサイト. 2020年11月7日閲覧。

関連項目[編集]