森口忠造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

森口 忠造(もりぐち ちゅうぞう[1]1909年1月27日[2]-1988年9月9日)は、専修大学理事長・専修大学総長。元毎日新聞社事業部長[3]

人物[編集]

  • 1933年 - 専修大学専門部経済科を卒業し、毎日新聞社勤務[4]
    • 毎日新聞社では東京本社の販売部副部長、事業部長、編集局参与などを、関係先では毎日ホールの専務取締役、大毎野球団(毎日大映オリオンズ)の取締役などを歴任。
    • 全日本労働組合連盟委員長を務める[5]
  • 1948年 - 学校法人専修大学評議員
  • 1953年 - 学校法人専修大学理事
  • 1964年 - 学校法人専修大学第4代理事長
  • 1969年 - 専修大学体育会長[6]
  • 1974年 - 藍綬褒章を受賞
  • 1980年 - 勲二等瑞宝章を受勲
  • 1983年 - 11月2日、市政功労者(「市の学術文化の発展に貢献した」)として、北海道美唄市より「市政功労賞」表彰(同市以外の在住者では初)[7]
  • 1987年 - アメリカのサスクェハナ大学より名誉法学博士号[8]。第8代専修大学総長
  • 1988年 - 死去

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ CiNii 図書
  2. ^ 専修大学広報課発行『ニュース専修』第208号(昭和62年7月15日発行)「森口総長の経歴」(2018年2月8日確認)
  3. ^ 毎日書道会「書のある暮らし」
  4. ^ a b 森口忠造先生胸像
  5. ^ 法政大学大原社研 全日本労働組合連盟
  6. ^ 体育会について
  7. ^ 専修大学広報課発行『ニュース専修』第167号(昭和58年11月20日発行)3面(2017年11月23日確認)
  8. ^ 専修大学広報課発行『ニュース専修』第207号(昭和62年6月20日発行)1面(2018年9月2日確認)
学職
先代:
川島正次郎
専修大学理事長
第4代:1964年 - 1988年
次代:
山下徳夫
先代:
相馬勝夫
専修大学総長
第8代:1987年 - 1988年
次代:
空席