森壽庵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

森 壽庵(もり じゅあん、性壽(じょうじゅ)、慶長7年(1602年) - 延宝6年2月4日1678年3月26日))は、江戸時代初期の摂州天満の医師。父は松本助持

父・助持が豊臣方の武将たちと親しかったため、関ヶ原の戦いの後、母方の森姓を名乗り、息子の森尚謙とともに、江戸で半井驢庵に医術を学んだ。書を徳川家光に称賛され、寛永17年(1640年)に島津光久に、また後には永井直清にも仕えた。延宝6年(1678年)2月4日没。

出典[編集]

  • 貞享年中奉仕輩累系