森屋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
森屋駅
もりや
MORIYA
市民病院前 (0.4km)
(0.8km) 東鏡島
所在地 岐阜県岐阜市
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 鏡島線
キロ程 2.0km(千手堂起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1924年(大正13年)4月21日
廃止年月日 1964年(昭和39年)10月4日
テンプレートを表示

森屋駅(もりやえき)は、岐阜県岐阜市鹿島町にあった、名古屋鉄道鏡島線

鏡島線の中間点に近く、当駅折り返しの電車が多く設定されていた[1]。2014年4月時点では岐阜乗合自動車・森屋バス停が公共交通機関の輸送手段として該当する[2]

歴史[編集]

鏡島線が美濃電気軌道の路線として1924年に開通したのに合わせて開業した。はじめは全区間とも専用軌道であったが、のちに千手堂駅から当駅までの区間は併用軌道に変更されている[3]。戦時中の1944年には当駅から先、鏡島駅までの区間が不要不急路線に指定され、休止される[4]。同区間は戦後に順次再開されたものの、すでに沿線地域にはモータリゼーションの波が押し寄せていた。鏡島線はそのあおりを受けて1964年に全線が廃止[5]。それにともない当駅も廃駅となった。

駅構造[編集]

  • 相対式2面2線の乗り場を持ち、交換施設を有していた[1]。鏡島線は単線であったため、列車交換は当駅で行われていた[1]
  • 南側(下り側)には小規模な駅舎があった[10]。跡地は商業施設となっている。(2014年時点ではイー・ケアデイサービスかしまの杜)[11]

その他[編集]

  • 鏡島線は当駅までが市内運賃であった。

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
鏡島線
市民病院前駅 - 森屋駅 - 東鏡島駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『岐阜のチンチン電車 岐阜市内線と美濃町・揖斐・谷汲線の85年』 郷土出版社1997年、146-147頁。ISBN 4-87670-097-4。
  2. ^ 岐阜バス(乗合事業部)(路線図を参照)
  3. ^ 『岐阜のチンチン電車 岐阜市内線と美濃町・揖斐・谷汲線の85年』 郷土出版社1997年、164-165頁。ISBN 4-87670-097-4。
  4. ^ a b c 『岐阜のチンチン電車 岐阜市内線と美濃町・揖斐・谷汲線の85年』 郷土出版社1997年、23頁。ISBN 4-87670-097-4。
  5. ^ 川島令三全国鉄道事情大研究』名古屋北部・岐阜篇 1、草思社1997年、126頁。ISBN 4-7942-0796-4。
  6. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1924年4月26日(国立国会図書館デジタル化資料)
  7. ^ a b c 『岐阜のチンチン電車 岐阜市内線と美濃町・揖斐・谷汲線の85年』 郷土出版社1997年、219-230頁。ISBN 4-87670-097-4。
  8. ^ a b c 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、984-990頁。
  9. ^ 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』7 東海、新潮社2008年、52頁。ISBN 978-4-10-790025-8。
  10. ^ 徳田耕一 『名鉄600V線の廃線を歩く-惜別の“岐阜線”と空港線誕生』 JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2005年、73-74頁。ISBN 978-4-53305-883-7。
  11. ^ 「森屋」バス停留所:バス停ホームメイト・リサーチ。2014年12月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 徳田耕一 『名鉄600V線の廃線を歩く-惜別の“岐阜線”と空港線誕生』 JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2005年。ISBN 978-4-53305-883-7。
  • 『岐阜のチンチン電車 岐阜市内線と美濃町・揖斐・谷汲線の85年』 郷土出版社1997年。ISBN 4-87670-097-4。

関連項目[編集]