森山威男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
森山 威男
生誕 (1945-01-27) 1945年1月27日(73歳)
出身地 日本の旗 日本 山梨県
担当楽器 ドラム

森山 威男(もりやま たけお、1945年1月27日 - )は、日本のジャズドラマー

山梨県勝沼町(現・甲州市)生まれ。山梨県立甲府第一高等学校東京藝術大学打楽器科卒業。大学在学中から演奏活動をはじめ、山下洋輔トリオでのプレイで世界的に名を知られるようになる。現在は自己のグループで演奏活動を続けながら、名古屋芸術大学音楽学部特別客員教授もつとめている。

プロフィール[編集]

  • 1967年:山下洋輔グループに参加。しかし、間もなく山下が病気で療養生活に入り、活動中断。
  • 1969年:山下の復帰により結成された山下洋輔トリオに参加。山下洋輔(p)、中村誠一(ts, ss)、森山威男(ds)
  • 1972年:中村に代わり、坂田明(as, cl)が加入。
  • 1974年:山下トリオとして初のヨーロッパ・ツアー。メールスで1時間におよぶスタンディング・オベーションを受けるなど、各地で爆発的反響を巻き起こす。
  • 1975年:山下トリオとして2回目、3回目のヨーロッパ・ツアー。この年いっぱいで山下トリオを退団。
  • 1977年:森山威男カルテットを結成。森山威男(ds)、高橋和己(ts,ss)、板橋文夫(p)、望月英明(b)
  • 1984年:自己のカルテットでヨーロッパ・ツアー。
  • 1985年:岐阜県可児市(夫人の出身地)に転居。演奏活動をほぼ停止。
  • 1989年:演奏活動を再開。
  • 1994年:ドイツイタリアでツアーを行う。
  • 2002年:第27回南里文雄賞、第35回ジャズ・ディスク大賞日本ジャズ賞、第56回文化庁芸術祭レコード部門優秀賞を受賞。