森恭三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

森 恭三(もり きょうぞう、1907年9月24日 - 1984年2月15日)は、日本新聞記者朝日新聞所属。

兵庫県出身。1930年東京帝国大学法学部卒、大阪朝日新聞社入社。1937年、ニューヨーク支局員。戦時中は海軍報道班員として東南アジア駐在。戦後は労組委員長。1952年にヨーロッパ総局長、1964年には論説主幹となる。

東京大学の社会情報研究所、新聞研究所の教育部非常勤講師を務めた。

著書[編集]

  • 『滞欧六年』朝日新聞社、1959
  • 『ヨーロッパ通信』みすず書房 みすず・ぶっくす、1959
  • 『書生論的政治論』みすず書房、1961
  • 『日本を考える』広済堂出版、1967
  • 『記者遍路』朝日選書、1974
  • 『風速計』朝日新聞社、1977
  • 『私の朝日新聞社史』田畑書店、1981

関連項目[編集]

参考[編集]