森本和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

森本和子(もりもと かずこ、1947年3月2日 - )は、日本の歌手。愛媛県宇和島市出身。

略歴[編集]

作曲家・遠藤実に師事し、1965年にポップス調の「素敵な彼氏」でデビュー。1970年みなみらんぼう作詞作曲の「酔いどれ女の流れ歌」で名前が知られるようになった。

知人の紹介で大学を出たばかりのみなみと出会い、自分の曲がびっしり書いてあるノートを見せてもらった中で、森本が気に入った『酔いどれ女の流れ歌』を歌いたいと懇願し、レコード化が実現した。 この曲が売れたことにより、森本の生活は一変したという。

1990年5月17日フジテレビ一枚の写真」に出演。

1991年に開業医と結婚し、2児を授かる。1998年頃まではステージ等で歌っていたが、夫が仕事を退職したのを機に別荘での暮らしを始め、現在は別荘と東京を行き来する生活を送っている[1]

2008年テレビ東京のスペシャル番組「夏祭りにっぽんの歌」に出演し、久々に歌声を披露した。

デビューは日本マーキュリーレコードだ「三吉馬子唄」です。そのあとポップスに変更され「ハイティーンゴーゴー」です。

脚注[編集]