森滝市郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

森滝 市郎(森瀧 市郎、もりたき いちろう、1901年4月28日 - 1994年1月25日)は、日本倫理学者、原水禁運動家である。

経歴・人物[編集]

広島県双三郡君田村(現三次市)生まれ。1925年広島高等師範学校文科2部を卒業し県立三次中学校の教員となるが、1927年京都帝国大学文学部哲学科に進学し1930年に卒業。その後入学した同大学の大学院を1931年に卒業、出身校である広島高師教授に任じられ同年末に西しげと結婚。

1945年原爆投下に際し、広島高師教官として動員学徒を引率していた市内江波(現・中区)の三菱重工広島造船所江波工場(爆心から4km)で被爆、爆風で飛散した窓ガラスの破片で右目を失明した[1]1953年、「英国倫理研究」により(旧制)広島文理科大学から文学博士[2]。同年、広島大学教授。

1954年3月1日第五福竜丸被爆事件をきっかけに原水爆禁止運動に参加、原水爆禁止広島県民運動本部事務局長に就任。原水爆禁止広島県協議会(広島県原水協)や広島県原爆被害者団体協議会(広島県被団協)の結成に尽力した。1960年日本原水爆被害者団体協議会(被団協)理事長となり、被爆者援護法制定をめざして活動した。原水爆禁止日本協議会(原水協)が内部対立により分裂し、1965年原水爆禁止日本国民会議(原水禁)が結成されると、その代表委員を務めた。1976年の第31回原水爆禁止世界大会で、核兵器とともに核の平和利用にも反対することを宣言した。1977年5月19日、原水協理事長草野信男と会談し、運動の統一に関する合意書に調印、その後の反核運動高揚に道を開いた。1986年の第41回原水爆禁止世界大会では、核エネルギー人類は共存できない」とまで述べるに至った。1991年、原水禁議長。

1973年に始まった伊方原発訴訟では原告住民を支援した。

家族・姻戚[編集]

広島高師時代の恩師で「倫理学の重鎮」と呼ばれた西晋一郎と妻ひさの次女・しげを妻とした(したがって西の次男である中国思想史家・西順蔵は義弟となる)。2人の間に生まれた長女・安子および次女・春子'は、原爆投下時には母とともに遠隔の農村部に疎開していたため、直接被爆を免れたが、隻眼となって避難してきた父・市郎の姿を目の当たりにした。当時、国民学校(小学校)4年生であった安子は、戦後の1951年、高等学校1年在学中に当時を回想した手記を執筆し、広島大学教授で父の同僚である教育学者・長田新が編集した『原爆の子〜広島の少年少女のうったえ』(岩波書店1951年)に収録された。

次女・森滝春子は長じて父・市郎の運動を支えるようになり、その死後には核兵器廃絶をめざすヒロシマの会共同代表として劣化ウラン弾禁止運動などの活動に参加し[3][4]バラク・オバマの広島訪問に際しては謝罪が無いとして反対の立場を取った[5]

参考文献[編集]

  • 森瀧市郎追悼集刊行委員会編 『人類は生きねばならぬ 核時代を乗り越えて:森瀧市郎の歩み』 森瀧市郎追悼集刊行委員会、1995年。 NCID BA88911301 

脚注[編集]

  1. ^ 長田新 『原爆の子〜広島の少年少女のうったえ』(下) 岩波文庫1990年、pp.89-96、長女・安子による手記。小田智敏 「軍都=学都としての広島」 東琢磨ほか(編) 『忘却の記憶 広島』 月曜社、所収、pp.98-99。なお、先述の『原爆の子』の森滝安子手記に付された注では、爆心地から5.4㎞の向洋(現・市内南区)の軍需工場で被爆とある。
  2. ^ 書誌情報(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2017年3月8日閲覧。
  3. ^ 岩垂弘 『「核」に立ち向かった人びと 』 日本図書センター、2005年、pp.215-217
  4. ^ 森滝市郎【もりたきいちろう】デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説
  5. ^ 2016年5月26日中国新聞

関連項目[編集]