森田久萬人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森田 久萬人(もりた くまんど、1858年8月26日安政5年7月18日) - 1899年明治32年)2月23日)は熊本バンドの一人である。

1858年肥後国山鹿郡上長野村の熊本藩士の鈴木家に生まれ、森田家の養子になる。

1871年熊本洋学校に入学し、卒業後に洋学校の教師になる。1876年熊本バンドの盟友と共に、同志社英学校に入学する。卒業と同時に、同志社の教師になる。教師業の傍ら、『六合雑誌』に哲学と理学の論文を発表する。

イェール大学に留学し、ジョージ・ラッドに師事する。ルドルフ・ロッツェの哲学の研究をし、ロッツェの形而上学と仏教の教義の比較研究で哲学博士号を取得する。帰国後、1895年同志社英学校の教頭になる。

晩年は、教育勅語の徳目とキリスト教倫理の対比を試み、忠国愛国の教育と敬神愛国の教育は対立しないという見解を固持する。1899年に腎臓病で死去する。

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年
  • 高橋昌郎『明治のキリスト教』吉川弘文館、2003年