森田公一の青春ベストテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ラジオ・リクエスト大賞 森田公一の青春ベストテン』(ラジオ・リクエストたいしょう もりたこういちのせいしゅんベストテン)は、かつてTBSラジオで毎週、日曜日の朝8時5分に放送された番組。1977年4月から1989年3月迄放送された。

概要[編集]

番組タイトルである『森田公一の青春ベストテン』の“青春”は、森田公一とトップギャランのヒット曲『青春時代』から由来されるものである。番組DJは森田公一と当時TBSアナウンサーの小島一慶。番組内においては小島が森田を「先生」と呼び、このコンビは12年ほど続いた。

ラジオリスナーからのリクエストと、TBSと結びつきが強い北海道・HBCラジオ、静岡・SBSラジオ、大阪・MBSラジオ、広島・RCCラジオ、福岡・RKBラジオの同種のランキング番組の週間ランキングも反映して、その週のランキングが決定されていた。また、TBSテレビの『ザ・ベストテン』の四要素の一つであるラジオ総合ベスト10のTBSのランキングとして活用されていた。

ラジオベストテン情報は小島が担当していたが、同番組100回目の時には、同時期にレギュラーだった天地真理が出演した。

なお、番組自体はTBSローカルではなく、先述のランキング協力局にもネットされていた(途中からネットを開始した局もある)。

協賛は初期はライオン油脂(現・ライオン)で、後期は明治乳業明治ボーデン(現・株式会社明治の乳製品部門となっている。ボーデンは明治乳業とのライセンス解消後、ロッテに引き継がれている)、そしてセブン-イレブンである。

1989年3月をもって放送が終了した。

類似形態の番組[編集]