森田展義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
もりたのぶよし
森田 展義
本名 森田 展義
別名義 笑福亭ひらめ
nobmorley
生年月日 (1975-10-02) 1975年10月2日(44歳)
出生地 日本の旗 京都府京都市
身長 177cm
血液型 A型
職業 吉本新喜劇俳優
ジャンル 舞台
活動期間 2000年 - 現在
配偶者 既婚
備考
体重67kg
テンプレートを表示

森田 展義(もりた のぶよし、1975年10月2日 - )は、日本お笑いタレント喜劇俳優吉本新喜劇座員。

京都府京都市出身。血液型A型[1]吉本興業所属。

人物・略歴[編集]

奈良教育大学卒業後の2000年落語家笑福亭福笑に弟子入りし、笑福亭ひらめという高座名で落語家になったが、落語が覚えられず挫折。その後、NSCに25期生として入り直し、第1個目(2005年)金の卵オーディションに合格し、吉本新喜劇に入団した。[2]。既婚者。

兄弟は2歳上の姉と8歳年下の弟がいる。

趣味:裁縫・スキー・サッカー・バスケ・映画音楽鑑賞・ビリヤード・釣り・作詞作曲。

2011年5月23日よりUstreamにて自身がパーソナリティを務める「森田展義アワー」なるトーク番組を開始。

ローリング・ストーンズのファンで森田展義アワーではよくストーンズTシャツを着用していてライブにも行っている。

ワーキングホリデーでカナダ滞在経験あり。現在もカナダ・トロントの日本語フリーペーパーに「nobmorley(ノブ・モーリー)」名義でエッセイを連載している。

金の卵オーディションの中では初めて川畑泰史の座長及びその代理公演のときに、出演時間が長い役に抜擢され、以降内場勝則座長公演や辻本茂雄座長公演にはほぼ毎回出演した。近年、頭頂部が禿げてきていることから、「てっぺんはげ」とイジられることが多い。辻本座長公演では、借金取りの役で出演する事が多いが、アドリブに弱いことやてっぺんはげを突っ込まれ、カッパもしくはザビエルと呼ばれ、そのあとに「次に会うときにネタを仕入れてこい」とハードルをあげられるなど、散々弄ばれる。

2012年7月17日から23日までなんばグランド花月で行われた桂三枝の六代桂文枝襲名記念「オヨヨ!! 三枝誕生物語」で若かりし頃の桂三枝役を演じた。あまりのプレッシャーと緊張で、「意味もなくずっと台本を握っていた」「なんとなく台本から離れたくなかった」と森田展義アワーで語っていた。

新喜劇の若手座員で結成された「ほんわかぱっぱー隊」ではベース担当。


ギャグ・持ちネタ[編集]

  • 洗濯石拳
    森田:「聞いて驚くなよ!俺学生時代クリーニング屋でバイトしてたんや!」
    共演者:「なんにも驚きません!」
    森田:「どうやら知らんようやのー、クリーニング業界に中国拳法の流れが挟む暗殺拳を!」
    共演者:「そんなんあるんですか?」
    森田:「その名も、洗濯石拳!」
    共演者:「ダジャレかい!」
    森田:「お前の汚れた心をキレイに洗い流したる!」または「お前の金を払わへんと言う心を!キレイに洗い流したる!」
    共演者:「何、うまいこと言ってんねん?」
    森田:「バイオ酵素の〜、アタック〜」
    共演者:「いたい、いたい!」
    森田:「酵素パワーのトップ!」
    共演者:「チョップや、これ!」
    森田:「おまえの腕をボールド (洗剤)♪」
    共演者:「ホールドやこれ!」
    森田:「フワッと臭いを防げるレノア〜♫」
    共演者:「ノド輪や、これ!」
    森田:「とどめや!フンンンフンンン♫」
    共演者:「すいません、何ですかこれ?」
    森田:「ハミング♫」
    共演者:「もうええわ!」
    森田:「兄貴、こんなことってアリエール♫」または「おまえのパンチ中々、アリエール♪」
  • ビキニ・ブラジャーネタ

辻本座長の回で使用、強盗に拳銃で撃たれたと思ったら、助かったギャグ。

  • 森田:「○○の水着にあたって、助かった〜!!」
    辻本:「解放しろ、そしてこの空気から解放しろ」
    強盗役:「できるか!そいつがなんで○○の水着つけてるか!理由を聞け!さもないと!こいつを殺す!」
    辻本:「お前の目的、変わっとるやん」
    共演者:「すいません、なんでそんな○○の水着つけてるんですか?」
    森田「はぁい!私○○なんですね〜、はぁい!」
  • 最近は少ないが、「タイ人」や「ベトナム人」などといじられる。手を合わせて「ขอบคุณ ครับ」と挨拶される。大抵の場合、内場勝則によりいじられる。
  • 内場「流石に分らんわ。英語やったらいけるんやけどな~・・・」 「昔1度旅行行った事有るけどな~・・・」(パブの従業員役の場合)「おいおいマジか、タイ式パブ行ったんか」 (会社員役の場合)「この会社が外資系なんて聞いてへんで」 (アルバイト従業員役の場合)「へぇ~、留学生雇ってはるんですか」
  • 森田「何言ってるんや・・・?」
  • 内場「えー・・・ขอบคุณ ครับ」
  • 森田「は?・・・何言うてんねや?」
  • 内場「สวัสดี ครับ」
  • 森田「意味分らへん」
  • 内場「ต้มยำกุ้ง」
  • 森田「トムヤムクン?・・・」
  • 内場「(森田のイントネーションを真似して)トムヤムクン?」
  • 森田「いや、正しい発音知らんから」
  • 内場「えー・・・じゃあ何君?」
  • 森田「何君って・・・わし、森田やから森田君か」
  • 内場「(タイ語の様なイントネーションで)モリタクン」
  • 森田「発音おかしい!」
  • 内場「รถตุ๊กตุ๊ก」
  • 森田「は?・・・トゥクトゥクって・・・それ、タイの三輪タクシーやないか。わし、そんなん乗って来たか?歩いて来たわ!」
  • 内場「あぁ、テクテク!」
  • 森田「上手い事言わんでええねん!そら確かにテクテク歩いて来たけどな・・・ あの、わし日本人や。Japanese!」
  • 内場「あははははは・・・」
  • 森田「何で笑うねや?!何も可笑しい事言うてへん」

2011年7月30日の放送では以下の様に続いた。

  • 森田「大概にせえよ!」
  • 内場「あぁ、タイ以外にせえって」
  • 森田「そんな事言うてへん!」
  • 内場「えー・・・越南?」
  • 森田「違う!」
  • 共演者「インドネシア?」
  • 森田「それも違う!」
  • 内場「カンボジア?」
  • 松浦真也「ピンポーン(ギターを弾いて表現)」
  • 松浦「何やっとんねんお前は!」

森田展義アワー[編集]

2011年5月23日よりUstreamにて自身がパーソナリティを務める「森田展義アワー」を放送している。放送場所は2014年までは「Ustream cafe 大阪」であったが、同店の閉店に伴い2015年からは「Live Cafe Bar UNITE」にて行っていた(2016年7月まで)。2016年8月からは国木田かっぱが営む「ロックカフェUSA★GI」にて行っている[3]

カフェからの放送ということで会場での観覧が可能となっている。放送日は2014年までは毎週火曜日であったが、その後毎週水曜日となった。放送開始時刻は大体21時〜22時の間であり森田の仕事の都合により変動するが、放送時間については毎回1時間となっている[4]

ゲストは新喜劇座員が中心で、若手・中堅座員が多いが、ベテランも出ることがある。笑い芸人やグラビアモデル、プロ野球選手も稀にではあるが登場する。

UstreamからYouTube Liveを経て、2016年11月18日[5]配信分からはFRESH!に変更している(YouTube Liveも並行して生配信)。生配信後は一貫してYouTubeの自身のアカウントでアップされている。

出演テレビ番組[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 森田展義 公式プロフィール
  2. ^ よしもと新喜劇 座員紹介 第33回 森田展義
  3. ^ 200回記念スペシャルではゲストの島田一の介が営んでいる尼崎のスナックベルの上階にある寄席「有楽亭」からの公開放送
  4. ^ 森田Twitter プロフィール欄より
  5. ^ この日は別会場からの公開放送で金曜配信となった。

関連項目[編集]